新着Pick
728Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
本年度のノーベル経済学賞および、最近の経済学研究の潮流についてお話しさせて頂きました。関連するインタビュー記事として、以下の二つもご参照頂ければ幸いです^^

「社会実験で政策評価、活用増す」(朝日新聞「論×論×論」、11月5日)
https://digital.asahi.com/articles/DA3S14244462.html

「経済学は変わった 理論偏重を超えて現実に生かされる学問へ」(猪木武徳氏、大竹文雄氏との座談会。『APIR Now』創刊5周年記念号)
https://www.apir.or.jp/wp/wp-content/uploads/21_web-2.pdf
たまたま貧乏人の経済学を昨年読んでいた。
貧乏人の経済学――もういちど貧困問題を根っこから考える https://www.amazon.co.jp/dp/4622076519/ref=cm_sw_r_cp_api_i_UTn0DbMX6HG2T

経済施策を決めるにあたって、当たり前のようにA/Bテストは行っているのかと勝手に想定していた。それができるようになったインパクトは大きいに違いない。
かつての開発経済学は、「南北問題」の解消など先進国批判のイデオロギーが前面にでがちで、富めるものは貧困を救済すべきだと、援助を強いるような「胡散臭い」ものだった。
RCT(Randomized Controled Trial)の枠組みにより、よりミクロの課題に集中して、エビデンスベースで政策を組み立てて効果検証を行うことができるようになった、とすれば、その功績は確かに評価に値すると思う。
社会経済のデジタライゼーションが進み、人々の活動のログが集積され、ビッグデータとして解析可能になる世界の到来は、もうすぐ。経済学がますます科学に近づいていく期待があります。
現代の経済学の姿をとてもわかりやすく伝えてくれています。学生時代に経済学を学んで嫌いになった人にこそ、今の経済学の実際を知ってもらいたいです。
デュフロ教授は「貧乏人の経済学」の中で、問題は必ずしもコストではなく情報や知識の不足が大きな問題だと指摘しています。
情報の伝達や教育という面の支援も同時に行う必要があると思います。
また、行動経済学という視点から貧困を見直すことは効果的だと感じました。
もちろん、今回のノーベル経済学賞受賞の3氏をはじめこれまでの地道な実証研究があってこその話だが、「エビデンス重視の政策」を広めるにあたって、より大規模な社会実験を実行可能なものとするために、ノーベル賞による権威付けとそれに基づく一般の認知度向上それ自体が大きな意味をもたらすもの。
現在、コロンビア大学院で経済政策の研究をしているので、大変わかりやすく、参考になりました。
経済学は「使える」学問です、介入や措置についての使い方と考え方、安田さんによる判りやすい、そして深く鋭い解説
エビデンスベースはますます求められていく。NPO/NGOも然り。
この連載について
途上国での貧困解決でイノベーションを起こした新たな開発経済学。いまや世界各国の政策に大きな影響を与えており、2019年にはノーベル経済学賞を受賞した。成功の要因となった社会実験、研究の成果、世界へのインパクトを考える。