新着Pick
296Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「共通テストには、国語と数学に記述式の問題が導入されますが、採点を任された民間事業者に、大学入試センターから問題と正答例が試験を実施する前に知らされる仕組みになっていることが分かりました。」

教材提供、試験採点が同じ会社。
2019年から2023年で61億6千万円で落札。

一社だけに採点を依存ということ自体、課題があるように感じます。

そもそも記述式が必要かどうか、今後も議論になりそうです。

追記:
受託会社は2017年に設立された「学力評価研究機構」で、2014年に情報流出した会社とは別のように見えます。

追記2:
林さま、メッセージありがとうございます。関連会社ということは知っております。ただ、子会社ではありますが、流出時の会社と同じではないため記した次第です。
真剣にベストな方法を採用して欲しい。 
このままでは不信感を払拭できない。
ベネッセには相当の倫理観が求められますね。

模試を作成する業者が事前に入試の正答例や採点基準を手に入れる。
確かに私立大学の一部も試験問題作成を業者に委託しているところもありますが。
少なくとも対策用の模試は作りやすい。

ベネッセという企業自体に高い倫理観があっても、勤務する者全てが同じ倫理観と信じて本当に大丈夫なのか...

まあ、記述問題において、仮に今後自動採点システムを作るにしても、ビッグデータを積み上げるには、その問題を大量に解いている人々がいなくてはならない。

結構乗り越えなくてはいけないハードルは高いと思う。

ベネッセを含め、利益だけを見て安易に引き受けることだけはやめて欲しいし、文科省も机上の空論だけで判断するのだけはやめてほしい。
「民間事業者は、試験前から問題と正答例が知らされる立場にあるということです」。それはそうでしょう。問題はファイアーウォールが機能するかどうかと、多数に上るとみられる採点者に問題や回答例がいつわたるか。ゆっくりやるのはダメなんですかね?
採点する人によって点数が違ったり採点ミスが起こったりするので記述式の導入はやめた方が良い