新着Pick
574Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
シリコンヴァレーの源流の一つがカリフォルニアのヒッピー文化でであるというのは正しいでしょう。ヒッピー文化というのはつまり、既存の権威への反抗、IBMのような圧倒的に巨大な管理能力に支配されない生き方をつくろうとする文化です。シリコンヴァレーの文化は、結局、マイクロソフトやアップル、GAFAのようなものに変貌していきました。資本の論理の方が強かったわけです。
 ベルリンは、ドイツの中では際立ってヒッピー文化のようなものが集まる都市です。これは戦前からそうで、ジャズや前衛芸術といった文化はベルリンに集中していました。東ドイツが併合されてからは、東西ベルリンの中立地帯と東側は大規模な再開発が進むとともに、まだ地価の安かった東側に旧新左翼やアーティスト志望の若者が集まりました。 
 ベルリンの一部がシリコンヴァレーになるか、は、懐疑的にならざるをえません。少なくとも全く同じものにはならないでしょう。ドイツは、結局、伝統的な大企業が強い国です。マイスター文化も、裏を返せば、起業を促すというより、利益保守のための職能集団を保護するという側面があります。
 以下、シリコンヴァレーが持っていてベルリンが持っていないもの:
①スタンフォード大学 △ フンボルト大学やベルリン自由大学は、人文学においては世界的にトップ水準であるものの、理工系中心ではありません。大学ランキングだと100位以下です。ただし、ランキングで学生の技術開発や起業の能力は測れないし、医学においては伝統的な強みがあります。
②移民 △ ベルリンは、ドイツにおいては移民人口が多い都市です。ただ、移民が大きなチャンスを見出して集まる街かというと、微妙なところです。シリコンヴァレーの原動力は、ヒッピー文化と、米国に莫大なチャンスを見出した外国人留学生でした。少なくとも、そういう、資本の力で人々をガムシャラに駆り立てる魅力は、薄いと思われます。
③ 地方の自立性と独自性 △ ベルリンは首都です。前衛芸術と共産党の本拠地でありながら、結局ナチスに呑まれてしまったのは、元々保守的なプロイセンの首都であったことと、連邦国家であるドイツを束ねる中心地として、中央集権的な権力が大企業などから期待されたからです。今のベルリン市議会は緑の党と左翼党が強いですが、今後は違う勢力が台頭する可能性が高いです。
「ヒッピー資本主義というべき大きな経済的成功を収めました。アップルという企業も、こうした背景から生まれています。」

分かっていても、つい見落としがちな文化的背景と経済発展の関係。
次はどこ!?というNEXT探しより(ある意味どこにでも起こりうることなので)個人的には、そのカルチャーベースが別のものに変わった時の先が気になります。

サンフランシスコに住んでいる友達は物価が高すぎて(年収1500万でも低所得と言ってました…)キツイとボヤいてました。年収2000万でもキツイという人も。矛盾しますが、同時に物価が安く年収も上がらない日本を心配する声も海外からよく聞きます。
個人データの保有は「アメリカでは巨大企業、中国では国家、そしてEUでは個人」という3軸。という解説はとてもわかりやすい。

「エコジア(Ecosia)」の植樹という発想は特段新しいわけではありませんが、個人の情報は個人のものという明確なポリシーの上に成り立っている。

チャレンジャーバンクで急成長しているN26の話題も登場します。新しい発想のスタートアップを生むベルリン。欧州発のムーブメントはロンドンからベルリンに移っているように感じました。
個人データは誰のものか?
アメリカでは巨大企業、中国では国家、EUでは一人一人に所有権があるという考え方でGDPRが採用されているとのこと。
日本が進むのはどっちだ?日本でもGDPRを踏襲した議論が進むことを望みます。
大変興味深いのですが、シリコンバレーを凌駕して世界的な企業を生み出すほどの勢いがあるようにはこの記事からは感じられませんでした。並べて比較するようなものではないのかもしれませんね。

よくも悪くも、(大陸)ヨーロッパの文化、価値観を共有する範囲で活躍する企業が出て来ているのかな、と。それが悪いとかではなくて、分散とか多様性とかいう言葉で表される世界にはそちらの方が近しい。カリフォルニア州が厳格な個人情報保護でGDPRに追随するなら(根底でヨーロッパの価値観を共有するなら)ゲームチェンジもあるかもしれない。ただ、その先にあるのはポストGAFAとして新たな世界的な企業が席巻する、という形ではないのかもしれませんね。
ヨーロッパの同僚と議論して感じる個人主義に、どこか大人の誠実さを感じるのはこういうことも要因の1つかもしれませんね。ソーシャルグッドを志向する価値観、自律的経済活動の重要性を教育されてきた背景など。このような文脈(コンテクスト)を理解しないと、誤解や衝突が起き得るため、とても重要だと思います。

------
ベルリンのスタートアップの核心は、ドイツの芸術家であるヨーゼフ・ボイス氏(1921年-1986年)の「社会彫刻」という考え方があります。
すべての人は芸術家であり、世界を新しく彫刻してゆく存在だというメッセージです。だからスタートアップも、個人が経済に参画する方法として認識されています。
特にドイツにはマイスター文化がありますから。若い頃から職業を選択することを常に求められており、個人としての経済活動を考えさせられます。
だから大企業で働くという賃金労働については、個人の創造性を売り渡しているという考え方にもつながります。個人は自らの経済活動を行うべきだという思想が、ヨーロッパ全体にあるのです。
------
単純に、スタートアップによって規模の経済を追いかけようという人は、あまりいません。そこがアメリカや中国とは違うところです。
だからユニコーン企業なども、創業からわずか2〜3年で時価総額何兆円というストーリーは、ひとつのアメリカや中国の状況として理解される可能性はあります。
ただしヨーロッパの起業家がそのような選択をするかといえば、そういう考え方はとても嫌われます。むしろ「自分はどこまで儲けるのが、正しいのか」という言い方をみなします。
先月ベルリンに行きましたが、「Googleの参入にNo!と反対運動を起こして、ベルリン拠点開発を断念させた」という話に象徴されているように、自由と独立感、アートとカルチャー、そしてエコへの関心の高さが垣間見れるシーンがたくさんあって面白かったです。
住民も、ベルリンっ子なのに誇りを感じているのがわかり、元気と勢いがありました。
8月に訪れたばかりなので、ビビビッとアンテナが反応しました笑

「ファイナンス&コンサルxスーツ」のビジネスマンよりも、「DJxハ裸足」のヒッピー的な人の方がCoolと言われる特殊な場所、ベルリン。

0→1には向くが、ビズデブが少なくエキスパンドはロンドンに出て行ってしまう場所。

そんなベルリンが大好きです!
シリコンバレーが変わったことは真実だろう。そもそも「シリコン」をフィジカルにやっているトッププレイヤーはIntelだけになってしまったし、良くも悪くもNerdではなくMain Streamになってしまった。
一方で、シリコンバレーが衰退しているのかというと、少なくとも今はそうは思えない。なんとなく存在意義を、仮想敵を作る形でベルリン・ドイツ・欧州が無意識的に作ろうとしているようにも感じる。もちろん仮想敵・カウンターカルチャーのエネルギーは強く、それがイノベーションを促進させるパワーもあるが、一方で敵の存在を必要とするものは社会を巻き込むときに摩擦が発生したり、広がり切らなかったりもする。
秋元康さんが、作詞された欅坂46の歌詞に

リードで繋がれなくてもどこへも走り出そうとしない
日和見主義のその群れに紛れてていいのかい?

ってフレーズがあるんですが、まさに日本における最近の若年層の傾向を的確に紡いだ言葉だなと感動しました。

本来、番犬であるはずの犬が大人たちに飼い慣らされて他人を見ても(明らかに常から外れている内容)リードが外されても(自由を手にしても)本能的欲求、自分でとうしたらいいか考える思考すら失って動けなくなっているということ。
日本はどんなジャンルも良いものを世界各地から集めるのが早いのでテイク型の満足に慣れていて、もっとこうしたら良いのにという発想に至りづらい。

どの時代もハングリー精神の元となるコンプレックのない人間は次の時代を築く力は弱いなあと。そう言った意味で日本は最低限の欲求が割と容易く手に入るので革新とは対極の空間ではあります。