新着Pick
The Wall Street Journal

この記事は有料会員限定の記事となります。

44Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
金融危機(いわゆるリーマンショック)も不動産が起点だった。不動産は大量に資金を必要とし、金融業界と表裏一体。
多くのスタートアップがソフトウェアがメインで、巨大な資金を必要としない。だから参入しやすく、また成長に必要な資金量、特に先行投資が少ないので成長しやすい(顧客獲得をどれくらいのペースで赤字を掘ってやるかが一番の論点)。それは銀行にとっては「うまみ」が少ない相手。
一方で、WeWorkはつまるところ不動産、巨大な資金が前提となる。だから銀行にとっては「うまみ」が多い、いい商売相手。もちろん不動産が過去にバブったり破裂したりという酸いも甘いも知っている。だから融資をしながらも疑念も抱きながら。
米国の逆イールドが利下げで解消されたことも含め、これまでのスタートアップバブルの状況は、99年から2000年にかけてのITバブル前夜とそっくりな気がします。
投資家とは違う目線で評価する銀行は、ある程度、わかっていた可能性が高いですね。それでも、まぁ、なんとかなるだろう、そうすれば儲かる…と考えたのでしょうね。

わかっていても、儲かるのであれば、何も言わない…嘘はつかないけど、意図的に言わないことはある…というしたたかな姿勢は、まさに銀行ですね。
weworkの資金調達・IPOまでの関係するアメリカ大手銀行の条件や思惑が書いてありかなり面白かった!
お時間ある方、ぜひ!
踊らされたやつらが悪い。