新着Pick
152Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ついに中国のモバイル決済アプリと海外クレジットカードを紐付けて利用することができるようになりそうです。

中国国内に銀行口座を持たない外国人短期旅行者は原則的にモバイル決済が使えず、現金で対応していました。したがって、モバイル決済をプラットフォームにしたサービスは受けることができず、不満の声が聞かれていました。

海外クレカとの提携の話は以前から聞いていましたが、なかなか進みませんでした。恐らく決済手数料の交渉に時間がかかったのだろうと想像しています。どの程度の手数料になったのかとても興味深いです。
日本のキャッシュレス決済の銀行口座紐付けはとても複雑だ。某M銀行とかはほとんど使えなかったりする。
手数料や接続方法などで折り合いがつかないからだろうし、みんな自分が主導権を握りたいからだ。

中国のキャッシュレスサービス企業にとっては、国内は2社独占なので銀行側はみんなOKするしかないから、こういう苦労は想定外だったろう。

しかしだからといって、日本が遅れてるなんて言うべきではない。ビジネスは競争があってこそ、優れたサービスが生まれる。

例えばアリペイやwechatペイが、もし当局の指導だと言って手数料を大幅に値上げしても、中国の人には他の選択肢がないだろう。

それにしても、日本のキャッシュレスサービス、早く落ち着いて欲しいな。
今まで中国のキャッシュレスは、完全に中国国内に居住権を持つ人が対象でした。
その結果、キャッシュレスが進んだ上海などでは外国人は、不便を強いていたわけです。

今回アリペイが、プリペイドカード方式でクレジットカードからのチャージを認めたのは画期的です。
中国では外国発行のクレジットカードからのチャージはコスト高と思われますが、スケールメリットで吸収するのでしょう。

「Tour Pass」は、上海銀行のプリペイドカードとして提供される。
→これを読むと、チャージされた資金の管理は上海銀行が行います。クレジットカードからのチャージでもありますし。払戻しは出来ないと推測します。
けれども中国リピーターには朗報ですね!!

(別記事コメントの再掲)
この記事は、先日速報のような形で別記事が既にピックされています。
https://newspicks.com/news/4356152?ref=user_349101

西村さんがコメントされているチャージに際しても手数料ですが、中国はブランドカードの決済手数料は政治的な思惑があるので情報がありません。
日本は先進国の中でダントツに高い方ですが、中国はどうなんでしょうか?
中国では意外に外国人の方はアリペイやウェチャットペイが使えない。
これができるようになると、だいぶ助かる。
中国のアリババ、テンセント、バイドォはなかなか国境を越えて世界のためにサービスができない。
海外のカードとの提携は一つの解決方法。
これは便利になりますね。もちろんメインのユーザーである中国人には関係ありませんが、旅行で中国に行ったときついにモバイル決済アプリで支払いができるようになります。
あまりに人数が少ないので後回しにされてきましたが、ついに細かいところまで考えられるようになってきたのでしょう。
ついに国内の設備投資が終わったということです。
これからは世界に出ていくでしょうね。
アリペイは以前から対応してたよね?WeChatPayが対応したなら助かる🤩

対応はこれからのよう
https://rocketnews24.com/2019/11/06/1287186/
時限式のウォレットにチャージする事になるんでしょうか。
それによってニューリテール系のサービス利用に制約が出ないか心配です。


と、キャッシュレス界隈に詳しい友人が申しておりました。
最近、AliPayもWeChat Payも、中国本土の銀行に口座がないと、送金しても受け取れない状態となっていました。

そのため、外国人旅行者は、中国国内でモバイルペイが使えない…という悲惨な状況が続いていたので、海外クレジットカードが使えるようになったことで、旅行者にとっては、とてもありがたいでしょう。

ただ、クレジットカード経由なので、その分、カード会社に手数料がとられるのが、中国のモバイルペイ本来の魅力のひとつである「手数料がゼロに近い」というメリットをなくしてしまいます。

外国人旅行者には、関係ないと言えば、それまでですが。
11月12日から、深圳と広州に行くので、早速試してみたいです。
革命ですね!
未だにクレカとキャッシュレス決済が拮抗している日本や諸外国と違い、ここを食ってしまえばもう独占真っしぐらですね、少なくとも中国国内では。欧米にスケールしていくにはネットインフラも違いローカルの競合があるだろうからすぐには難しいかも知れないが、ゆくゆくは仮想通貨まで持って行って世界共通通貨を狙うのだろう。
阿里巴巴集団(アリババしゅうだん、日本語: アリババ・グループ・ホールディング、英語: Alibaba Group Holding Limited)は、中華人民共和国の情報技術 (IT)などを行う会社であり、持ち株会社。本社は浙江省杭州市。 ウィキペディア

業績

Premiumを無料で体験
登録・ログイン