新着Pick
217Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
これは非常に残念なニュース。
平野歩夢君や後輩たちが頑張っているのに、どうして泥を塗るようなことをするのか…。
大麻を合法化する動きが欧米諸国で加速する一方、アヘン戦争で苦渋をなめた中国では薬物事犯を断固として極刑にしています。

日本の訴訟経済という観点からすると、薬物に関する規制、著しい依存症対策、そして刑罰との調和をもう少しきちんと考えないと、多大な血税の無駄使いになります。

薬物事犯が皆無になれば、国選弁護費用の半分以上は節約できるはずですから。
合法化しちゃえばいいのにね。
残念なニュース。冬はほぼ米国にいたのでは?
日本でもやめられなかった、ということでしょうか。

一般論として、大麻については、アルコールなどに比べて依存に陥りにくいと言われます。しかし、これは陥らないというわけではありません。特に若いうちに摂取すると影響が大きいという研究もあります。また、違法だっただけに、研究成果が少ないという問題点もあります。

そして、健康的なリスクはさておき、日本では社会的なリスクはアルコールとは比較になりません。
これはスタイルのうち、とは言えない大変残念な出来事。せっかく後輩たちに道を開いた存在であるのに、返す返すも残念です。
頑張っていらっしゃる様子をテレビで拝見していたので、びっくりしました。
大麻やれる国に移住した方がいいね。
もし密輸で売買していたのなら悪質。
大麻ほど国と国の間で「常識」が違うものもないと思います。

サンフランシスコに二ヶ月ばかりいた時、ホームステイ先の親父さんだけでなく、大学の先生からも大麻を勧められました。

いやいや常習性あるし心身にも影響あるし…と言うとまさかの大笑い。
大麻に常習性がある?そんなの言ったら酒やタバコの方がずっと身体に悪いわよ!
と一蹴されたのを今でも覚えています。

ちょっと調べてみると確かに大麻の常習性や悪影響はお医者さんの間でもずいぶん主張が違っており、イマイチ何が真実なのか分からないなぁと。
ブータンが喫煙を禁止しているように、結局多少なりともデメリットがあるけど税収増が見込める品をどこまで許容するかのバランスの問題でしかないんだと痛感しました。

ただ少なくともサンフランシスコの方々も覚醒剤と大麻は明確に区別していました。日本ではそこすら混同している人が多いのではないかなと思います。
今日の日経新聞の端っこに、田代まさし覚醒剤、国母大麻の記事が並んで掲載されていて何やら悲しい気持ちになりました。
残念…