新着Pick
275Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
大学受験生は、毎年70万人います。今の「改革案」だとこのほとんどが「英語民間試験」を受ける必要があります。一つの問題は、数十万人の高校生に受けに来られても、「民間試験」はどこも対応できないということです。
 TOEICは、そのような大量の受験者に対応できないとのことで、今年7月に、「英語民間試験」の一つとして選ばれることを辞退しました。英検は、現時点で、受験者の大量増加で、対応しきれなくなっています。
 結局、ベネッセが始めたGTECが実質的にほぼ唯一の選択肢になっています。ベネッセは、文部科学省や一部国会議員と緊密に連携することで、毎年70万人の高校生受験者から受験料を得ることができます。同社の収益の柱となるでしょう。
 しかし、ベネッセといえども、70万人の高校生受験者に対応できるわけではありません。そこで、文部科学大臣らが今言い出しているのは、全国の公立高校と学校教員をベネッセに提供することで、試験会場と試験監督を確保しようという方法です。高校の先生たちは、実質強制的に、ベネッセに臨時雇いされることになります。
 試験監督以上に困難であるのは、採点です。そもそも、「英語民間試験」が出てきた理由は、「センター試験はマークシートだからダメだ」「論述(英作文)も全受験生が受けるようにするべきだ」というものです。マークシートだけでは「使える英語」が身につかないというわけです。それなら、試験を変えるよりも、教育指導要領を変えるのが筋だとは思いますが。
 論述はマークシートのように機械での採点はできません。70万人分もの採点を誰がやるのか、日本では確保できないので、ベネッセが答案をインドに送って、インドの大学生に格安アルバイト料で採点をしてもらう、という話もあります。
 この「改革」で受験生の「英語力」の何が向上するのか、そういう本来の課題からはどんどん離れたところに問題が転がって行っています。
既存のセンター英語の環境を手配するか、TOEICの団体受検みたいな格好にしてセンター並みに会場拡大して民間試験を一斉に…なら、できる、か?

後者だとすると、さすがに民間の業者だけでは運営回らないでしょうから当日運営を大学の教職員が手伝うしかないのと、特需が発生する民間テストがどれかひとつ生じる(一斉受検だとスピーキングや自由英作文の採点は不可だから、TOEIC一択??)ので、利益排除した特別受検料を設定するとか、やらなきゃいかんことは山ほどあるが。。

しかし、この議論するの遅すぎでしょう…民間試験の結果を国立の二次試験でどう扱うか、なんて話が話題になったのも随分前でしたよね…

(追記)そういえば、TOEICは対象の民間試験となることを辞退していましたね…センター英語復活か、このままいくかの二択ですかね。。
英語民間試験導入には反対です。

私自身地方出身者ですが、地方の高校生が民間試験を受けるハードルの高さをよく知っています。
都市部との「機会の不平等」が一掃拡大することになります。

民間試験もいらなければ共通試験もいらない。

各大学が独自試験を行って、大学の個性を打ち出すべきだと思います。
数学だけを試験科目にするとかすれば、埋もれた尖った人材を入学させることができるはずです。

共通テストに頼るのは、独自の入試問題を作ろうとしない大学側の怠慢でしょう。
学校によって個性的な問題を毎年作成して、翌日とかに合格発表をしている中学入試を(少しでも)見習って欲しいと願っています。
委員会審議を見ましたが、萩生田文科相も問題点を詰められると苦しい答弁に陥りがちでした。混乱がさらに進めば再考することを示唆するなど、やはり実施にこぎつけるには未解決の課題が大きすぎるようです。延期することによる業者との関係悪化や準備の混乱回避を重視するのか、それともあくまでも受験生の不安と不公平の解消のための課題解決を優先するのか。ID登録が11月1日から始まるという土壇場の局面でどう決着をみるのか、見通しは不透明です。
延期論に同意します。受験料の設定、会場確保、どの問題も時間をかけて丁寧に制度設計を考えれば答えが出ない話ではありません。このまま強行しても必ず見直論が浮上し、その都度受験生が翻弄される不幸な流れにしかならないのではないかと思います。

それにしても五輪マラソン競歩といい、英語試験といい、なぜこうも土壇場になって…という思いを拭えません。
正直、子供たちがかわいそうだ。大人たちが自分の利益に固執して将来の日本への影響を全く考えてない。現在AIなどの最先端技術は実はオープンでネットで無料で手に入るものが多い。ただし全て英語だ。ここにアクセスできない人は永遠に最先端に手が届かない。ビジネスでは致命的だ。このままでは日本の若者は世界競争から間違いなく取り残されていく。英語教育関係者は自分のたちのミッションをもう一度認識すべきだ。
問題は多くあるが、今のタイミングで延期というのもかなり大きな問題。自民党は一体何を考えているのだろうか。対応が後手後手にまわりすぎている。
大学入学共通試験そのものを廃止するならともかく、英語の試験だけを民間資格・検定試験にするということ自体が非効率的な発想。大学側も受験生もコスト増が強いられるわけで、恩恵を受けるのは受託した民間組織だけ。行政と民間組織の癒着があるとの疑念が出るのも当然かと。

ここは、延期してじっくりと考えた方がいい。
1番の被害者は学生。ここを振り回されるのは辛いだろうな。。
官僚の劣化、政治の無責任の象徴ですね。