新着Pick
189Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
今日の決算のコメントにも書きましたが
https://newspicks.com/news/4327746?ref=user_130194
どうも物流費の高騰が頭痛のタネになっている模様で、クリスマス商戦で売り上げがたっても利益につながるのかは読めない、という状況ではないかと思います。投資がかかっても、できる限り自分の手で物流をコントロールしたいというのは株主も納得ではないでしょうか。
 日本のプレーヤーも、ロジスティックスを合理化する戦いは避けられないと思いますし、だからこそ自社に物流設備を持つアスクルやZOZOが注目されたのではないでしょうか。
デジタライゼーションが進行する事で、
人類は「待てない」生き物になりつつある。
この事実をまずおさえる必要がある。

物理的な「手紙や葉書」は、まず紙を用意し、
筆記具を揃え、文面を書いて、切手を買い、
それを貼って、郵便局に行くか、ポストに投函
する。

手紙を書くことを決めてから、その内容が相手に
伝わるまでに数日を要する。

電子メールやLINEやFBのメッセンジャー、
インスタグラムやTwitterのDMであればその時間は
文字通り一瞬だ。

そのデジタル化されたコミュニケーションツールが
デフォルトとなった現代の人類は、「待つこと」が
苦手な生き物になりつつある。

その時代の消費を一気に獲りに行こうとすれば、
デジタル化時代のスピード感に合わせたロジスティック
のネットワークを構築する必要がある。

翌日配送の意味は、「リアルの世界をデジタルの世界が丸ごと飲み込む」その第一歩だと考えるべきで、Amazonは、本気でそれをやる取り組みを始めている、ということをこの記事から感じるべきだ。
下記のFedExとの陸上配送打ち切りからの文脈。
https://newspicks.com/news/4125060
EC側の論理で物流網構築されて仕舞えば革命が起きる。
結局、輸送のボトルネックは中継局からトラックへの積み込みなので、amazonの様に箱が規格化できれば高速化できる。
凄い勢いで投資していってる。物流を制するものがコマースを制する。>Amazonは自前物流網への支出拡大を打ち出した。翌日配送の費用は4~6月で8億ドル、7~9月で10億ドル前後。10~12月に15億ドルへ増えることを明らかにした。このペースなら1年で4000億円を超える。
物流網の構築にはお金と時間がかかると思います。運送業の歴史は長いので既存の運送業者は沢山の投資をしてきています。Amazonならやれるのでしょうが、大変だと思います。
デジタライゼーションの推進は、リアルの効率化と両輪。物流は生命線となる。
今、食品や日用品を、楽天西友ネットスーパー、で購入しています。いつか、Amazonで買うか、楽天西友のままか、選ぶときが来るのかも…と妄想しました。