新着Pick
20Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
見出しの通りで、引け後の株価は+4.06%と強め。
半導体やテック全体とIntelの両面で見たい。半導体・テック全体としては、Intelが圧倒的に強いサーバー・データセンターのところで需要が続いていることを確認できたことがプラス。またPC向けについてもYoY-5%ではあるが予想を上回った。
Intel固有では、実績・予想ともに全体でもセグメントでも市場予想を上回ったことがまずポジティブ。あとは10nmのIce Lakeがようやく今年出したが歩留まり問題が起こっていなかったり、順調ゆえにPCだけでなくデータセンター用製品の10nm移行についても会社想定より進んでいるといった点は定性的にポジティブだと思う。またデータセンター用の新しいCascade Lake(これは14nm世代)もクラウド大手での導入順調。
一方で、季節的に売上が上がるタイミングで、実際に上がっているのだが、粗利率が59%と前四半期と同程度なのが気になっている。普通は63-65%くらい行ってほしいタイミング。リリースでも報道でも解説なく、また市場もマイナスに取っていないのはどうしてだろう。

スライド:http://bit.ly/2Neyf5x
リリース:http://bit.ly/32LMfKy
MarketWatch記事:https://on.mktw.net/2qKSxfp
加藤さんのコメントの通りです。
昨年のQ3の売上利益が高い中、今Q3の売上はプラス成長になり利益面でもガイダンスよりも高い着地になったこと、懸案だった微細化が順調に進んでいることが安心材料だと思います。
さらに、Q4のガイダンスは増収、EPS増益となっています。
 少しデータセンター向けの売上モメンタムが弱い気がしますが。。。
インテルの第4四半期決算は、売上高、利益共に市場予想を上回りました。
「データーセンターを持つ企業が米中貿易戦争を巡る懸念から早めにチップを購入したとみられることが寄与した」とのこと。一時的なものになるのかどうかは気になるところ。
インテル(英語: Intel Corporation)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く半導体素子メーカーである。 ウィキペディア
時価総額
27.0 兆円

業績