新着Pick
298Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
テックというよりはサイエンスに近い分野に関心が向かうのは、
自然な流れと言える。問題は、誰がそこへお金を(安定的に)流す役割を担うのか、ということと、サイエンス(=ここでいうDeep Tech)を担う科学者の意識がどこまで変えられるか、だと思う。このトレンドが日本企業にチャンスなのかどうなのかは、別の議論のような気もする・
Deep Techって、仏のスタートアップイベント団体Hello Tomorrowの造語ですよね。

孫 泰蔵率いるMistletoeと共同で一般社団法人日本ディープテック協会を設立し、2018年頃は日本で積極的にミートアップやJapan Summitなどイベントを行なっていましたが、2019年になってピタッと活動が更新されていないので、両者の間で何かあったんでしょうか。

その後は、「ディープテック」というキーワードは、NewspicksとOIST(沖縄科技大)との共同イベント

OIST×NewsPicks OISTフォーラム2019 “DeepTech”が進化させる社会
https://newspicks.com/news/3769568

で使われています。このイベントでも登壇したユーグレナの永田さん、高橋さん、この記事の筆者の尾原さんの共著者の丸さんなど、丸さんを中心としたユーグレナ 〜リバネス界隈の人たちがよく口にする様になります。

リアルテックファンド代表でもある永田さんは、元々「リアルテック」という言葉を使っていましたが、意味が近いこともあり、丸さんもDeep Techを使うようになってしまっては、もう止められないですかね。

ところで、Deep Techベンチャーを「サイエンス型ベンチャー」と呼ぶことに違和感。ITしか使わない「シャロウテック」に飽きた投資家が、もう少し泥臭いこともやりたくなって来たということなんでしょうが。サイエンティストが起業するとDeep Techみたいに言われると、なんだかなと思ってしまいます。「科学技術」は「技術(tech)」とは違うでしょう。

細かいかも知れませんが、その違いで差別化して生きている人がたくさんいる以上、あまりイメージで適当に語って欲しくないなと思ったりもします。
ダイヤモンドさんの最新号
「5年で大化け!サイエンス&ベンチャー105発」
によせて、今なぜサイエンスベンチャーが熱いのか
ディープテックに次の産業の波がきているのか
解説しました。

本号で105の紹介があるように
多くのジャンルにチャンスがきてます
この波をたのしみましょう
分かりやすいキャッチーなワードを使って科学技術分野に投資を呼び込むのも一つの手段としてありだが、あからさまなお金もうけドリブンを科学者は嫌う側面もある。なぜならば、キャッチーな言葉には科学的な本質は宿らないからである(→科学者は本質的なこと以外には興味がないとも言える)。一方で、今年のノーベル化学賞を受賞された吉野彰先生を中心にリチウムイオン電池の基礎研究から開発、商品化まで苦しい時期を乗り越えてバックアップしてきた旭化成のような大企業の存在を忘れてはいけないと思う(※)。実は日立もそういった企業。数年前に惜しくもお亡くなりになられたが、日立の外村彰先生はアハラノフ=ボーム効果の検証実験をしてゲージ場の存在を実証した功績がある。ご存命であれば間違いなくノーベル賞を受賞している人物である。旭化成や日立のような基礎科学に貢献した大企業は多くの科学者から尊敬を集めている。願わくば科学者の尊敬を集めるような形で基礎科学研究を応援してほしい。そう願うのは欲張りであろうか。

【※】https://newspicks.com/news/4288653
これは個人的に純粋に嬉しい流れ。ITマネーの2週目がIT以外の産業に流れている。

とくにバイオ系はエンジニアリングがサイエンスと密接に絡んでる。サイエンスがエンジニアリングのツール。ってことは、プロダクトを作るエンジニアリングが究極の目標だけどそれをやるには基礎科学もやらないけない。つまり、副産物として基礎科学が進む。

一方、宇宙開発はそうではない。関係は逆で、エンジニアリングがサイエンスのツール。僕たちはサイエンスが究極の目標で、そのためのエンジニアリングをやってるんだけど、サイエンス自体は一円のもうけにもならないからNASAみたいな国営機関がやってる。

3週目マネーになって、サイエンスを究極の目標とする民間企業が出てきたら面白いなあと思います。どうやってビジネスにするかもはや謎だけど、さらに富の一極集中がすすんだ未来にはベゾスを超えるハイパー金持ちが純粋な知識の探求に国を超える大金を出すこともありえるかもしれない。そうしたらNASAなど国営機関の使命は終わりますね。僕も入れてくれるなら喜んで転職します。

しかし、これ以上富の一極集中が進んだら社会的には問題。世界の下50%の人の総資産は上位8人と等しいんでしたっけ。飢えてる子供を持つ母は、なんだよベゾス、その金を宇宙じゃなくて貧困解消に使えよ、と思っているかもしれません。難しいですね、?
サイエンス系というよりも、ハードウェア系のスタートアップのことをディープテックと呼んでる印象を受けました。

サイエンスの人たちがディープテックまで結びつくには、技術うんぬんよりも、これからの社会を見据えたビジョンを持つことが大事だと思います。
日本の研究、特に大学はこれがアメリカ、ヨーロッパに比べるとできていないです。
sigh
これらの考え方、なるほどなと思いました、面白かったです。
「「2周目のお金」の持ち主」、「環境があまりに整っているゆえに、企業の成長パターンがむしろ均質化してしまう皮肉な現象」