新着Pick
7Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
20号は、今日中に温帯低気圧に変わりますが、温帯低気圧に変わると寧ろ大雨の範囲が広がります。今回は前線と一体化することもあり、関東甲信、東北の被災地でも最大50~100㎜とまとまった雨になる恐れがあります。
普段なら大きな災害に繋がる量ではないですが、崩れかかった崖などが多い被災地は警戒が必要です。

昨日時点の予報からは変わらず、やはり21号は今のところ上陸の可能性は低いです。ただ小笠原諸島では警戒が必要です。
台風20号は今朝になって中心付近の渦と活発な雲が分裂してしまっており、いつ温帯低気圧に変えるのかと気を揉んでいました。台風としてはさして問題ではありませんが、台風由来の暖かく湿った空気を持っており、伊豆諸島や三重県南部ではやや強い風を伴って強い雨となりそうで、明後日の朝までに150mmを超えるような雨になるところが出てきそうです。関東をはじめ台風19号による被災地では、明後日の朝までの雨量は平均的には50mm以下で済みそうで、先週末の土曜日か少し多い程度の雨となるでしょう。土砂災害が発生する恐れがありますので、二次災害には十分警戒しておく必要があります。
また台風21号については現在サイパン付近を発達しながら北上中で、台風の目も見えてきました。今後も発達しながら24日朝には小笠原諸島にかなり接近する見込みです。その後は上空の気流に流され東へ逸れて行きますが、別の低気圧が本州の南岸に発生する見込みです。この低気圧も台風からの湿った空気の影響を受けるため、太平洋側を中心にまとまった雨となりそうです。現時点では被災地に再び洪水をもたらすほどの雨にはならない見込みですが、しばらくは雨の予報に注意しなければならなさそうです。