新着Pick
20Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
講演内容第2弾です。
・ヒト同士のゲノムの違いはわずか0.1パーセントにすぎない
・遺伝子でどこまでわかるのか?
・「技術的にできること」と「倫理的にできること」の差
などを淡々とお話しています。
予防医療の中でも、リアクティブ治療ではなく、症状が出る前から対策するプロアクティブ医療がますます重要になってくるのだと思います。

>肺がんですと遺伝要因が約10パーセントくらいでして、あとは環境要因です。喫煙しているかどうかやストレスといった環境要因が大きい
>環境要因も影響するからこそ、自分で予防の行動ができるものだけを扱っています。

業績