新着Pick
651Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
記事やコメント各種から思うのですが、日本のこの業界、「本が好きすぎる」人ばかりなのが問題なのでは?

お客さんの多くは、本そのものでなく、そこから得られる知識とか、エンターテイメントとかの「中身」を求めているのに、「本」というフォーマット自体を愛する人が提供するものとの乖離ができてしまう。

これ、他の業界にもけっこう当てはまります。最近では、日米ともに、ロボット業界はロボット愛が激しすぎると思っています。日本の水道橋なんたらと戦った、アメリカの巨大ロボットの会社が倒産してロボットの引き取り手がない、という話のコメントに、このことを書いた記憶があります。
恐縮なのですが、半可通の分析ですね。

取次が厳しいと言う主張であれば、トーハンも日販も実際には営業赤字であることを
指摘しなければなりません。
更に、出版界の課題を言うなら喫緊課題である出版配送の危機的な状況には触れなければ、なりません。
その上で、トーハンと日販の共同配送が進んでいない実態をレポートする必要があります。

文教堂は、経営の不在が招いた結果である事への認識が足りません。
同業態のくまざわ書店の堅実経営や減収減益決算でも黒字経営を続ける精文館書店への
取材も不足しています。

海外へ展開する紀伊國屋書店の黒字経営。有隣堂のチャレンジにもコメントがありません。

本屋は仕入原価が一定で売価も同一ですから、粗利が確定しています。
通常は23%程度でしょうか。
黒字経営には、その中に販管費を抑える必要があります。

最大のコストは人件費で次に家賃、そして水道光熱費。
健全経営には人件費10%家賃6%水道光熱費1,5%にしなければなりません。

時給の高騰に家賃の上昇。もう販管費は、この中に収まりません。
本屋が本だけに頼っていては黒字化は見込めません。

ステレオタイプに「出版不況」とやらを叫んでも何も解決しません。

今の出版界こそ、経営者の経営能力が厳しく問われる正念場なんです。

無能な経営者の組織は消え去り。
優秀な経営者のいる組織は、生き残る。

この当たり前のことが露わになっているだけのことです。
だから長いこと金融は取次に任せて町の名士が自社所有の不動産で雑誌や売れ線の本をおいとけばノーリスクで売れるみたいなぬるま湯に浸かり続けてなにもしなかった事がダメになってる原因な訳で、普通の商売と同じ創意工夫や営業努力すれば良いだけの話なんだけどな
ロンドンではWaterstoneという書店がカフェと文房具屋とおもちゃ屋さんを併設していて、夕方や週末は家族が待ち合わせしたりお茶をしていて、街のたまり場の様な感じになっていて、本だけでなく何となく文房具やおもちゃをついでに買う感じです。
あとは、日本でもインテリアや美術館の様な体験型テイストの本屋も増えていますが、ネットと違うリアルで攻めるのであれば何かしらの「体験」は重要な要素でしょう。
https://newspicks.com/news/4263008/body/?ref=search
一方で、地域に根ざし、独自の取り組みで生き残っている本屋さんもあります。たとえば僕が大変お世話になっている、大阪谷町の隆祥館書店 @ryushokanbook がそうです。

町の本屋がなくなって一番困るのは子どもたちではないでしょうか。クレジットカードがないので自分でアマゾンで買えないし、かといって遠くの街まで一人で行けない。多くの人にとって、人生での最初の読書への入口が、町の本屋さんだったり、あるいは町の図書館だったりするでしょう。

2月ほど前に引っ越したのですが、以前住んでいた場所の近くに、元気な町の本屋がありました。スティーブさんという名物店員がいて、週2回、子ども向けに絵本のstory timeをやってくれます。毎回、10冊の本を選び、1時間ほどで読みます。子どもを惹きつける読み方を心得ている方で、いつも多くの子どもが集まります。僕もミーちゃんを連れてよく行きますし、行くとねだられるのでだいたいいつも何かの絵本を買って帰ります。そうして、その本屋は非常に繁盛しています。この本屋です:
https://www.vromansbookstore.com/

隆祥館書店やVromansのように人が集まる工夫をして、ぜひミーちゃんの世代にも町の本屋を残して欲しいものだと思います。
書籍販売、アメリカ業界最大手バーンズ&ノーブルの苦境も記憶に新しい。
商店街の本屋さん、生き残ってほしい。
とくに専門誌の苦境が際立つ。ここ1年の出版業者の主な倒産案件をみても、月刊誌『医薬ジャーナル』の医薬ジヤーナル社(2019年3月事業停止)、アウトドア専門誌『Rod and Reel』の地球丸(2019年2月破産)、釣り雑誌『磯・投げ情報』の海悠出版(2018年10月破産)などが、それぞれ経営破綻に追い込まれている
街で書店をみかけると、つい「儲かってるのかな」と思ってしまいます。デジタル化の影響もさることながら、書籍離れが進んでいる日本。顧客減少が続く書店経営は崖っぷちです。

業態変換ができるかどうかが生死を分けますが。オーナーの高齢化で後継ぎがいないケースが多い。本屋さんだけでなく、◯◯屋さんの多くが、同じ問題を抱えています。再生できる方法はないものでしょうか。
メディア業界の古い慣習で、「取次高」や「売上」を見ますが、それより「粗利」を見てみたら、意外と傾向が違うのでは?と思いました。デジタルコンテンツは普通に考えれば粗利がとても高いはずなので。

あと、最近、講談社の方と仕事することが多いのですが、やっぱり「賢くて素敵なひとが多いなぁ」と思います。一方で、いわゆる零細?出版社の方と仕事していると「え?」となるような不誠実極まりない対応もあったりします。

つまり、結局は「これまでが人口増加の恩恵を受けすぎた」のであり、その中で知恵を生き残りをかけた企業は、なんとか耐えている、ということですよね。
本を買う時の便益性は、リアル書店よりネットショップが上回ってしまいました。検索、ポイント、即時配送、レコメンドなどなど全てにおいて。蔦屋書店や誠品書店などは便益ではなくエモさで勝負しており、生き抜く活路はありますが、それがマスのニーズにはならないので、残念ながらトンネルの出口は無さそうです。
この連載について
信用調査のプロである帝国データバンクの記者たちが、NewsPicksだけでお送りするオリジナル連載「こうして企業は倒産する」をリニューアルしてアップデート。話題の倒産を追う「倒産ルポ」、マクロの倒産動向の解説、最新の産業トレンド、独自の特別企画レポートなどを毎週木曜日にお届けします。