新着Pick
The Wall Street Journal

この記事は有料会員限定の記事となります。

274Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ソフトバンク グループは、ウィーワークに対し金融支援の準備を進めている。支援が実施されれば、ウィーワークの現金不足が解消され、ソフトバンクが経営権を握ることになるとのこと。再生プランに注目です。
創業者の影響力はさらに弱まるとの事ですが、影響力を可能な限り排除する必要があると思われます。
孫さんにとっては、ピンチこそチャンス。ここでの追加支援は、ソフトバンクなりの勝ち筋が見えてるってことだと思います。
うーん、経営権取得しても、つまるところ不動産だと思う。そして、ソフトバンクG自体もS&P / Fitch / Moody'sではハイイールドなわけで、さらにBS負担が高まる。ビジョンファンドでの経営権取得かもしれないが、それはそれでサウジPIFとか反対しそうに思う(ビジョンファンドではテックに投資したいわけで、不動産に投資したいわけではない)。
景況感が逆転するときの不動産は、投資としての成功例は過去あまりないと思う。
拡大するために、粗利出るのか?と疑問を呈されたクレイジーな経営も必要悪だったかもしれないという整理をしてしまえば、ここまでブランドを築いたのは素晴らしいとして、これから先はまた違うステージの経営が求められるということでしょうか。
ニューマン氏が築いたWeworkというものに価値がないという判断であれば、追加資金供与はしないでしょうし、それはそれ、これはこれとして、新たなビジネスモデルの構築を突き進んで欲しいです。
たしかに買うとなれば、価格が下がっていて創業者も離れカルチャーのテコ入れもしやすいこのタイミングがベストか。
ただ今までのソフトバンクが得意としてきた群戦略とは外れる投資にはなる。
一方でボーダフォンやスプリントのような案件にも対応してきたハンズオン型のマジョリティ投資のケイパビリティも保有しているのがソフトバンクの底力の凄いところ。ただこの手の投資は非常に手がかかるのでソフトバンク社内に人的リソースが残っているのかが気になるところではある。
何度も繰り返しになりますが、ソフトバンクGが追加出資をして40-50%を握って子会社化してマルセロをCEOで送り込んで再建する。それしかないし、再建できれば一石三鳥くらいになる!
Weworkの課題は、一言で言えば事業の採算性だけで、
事業自体の価値はあるので、そのモデルチェンジと
やり方のファインチューニングをすれば改めて成長軌道に
乗せることは比較的容易だと思う。

手段と目的をきちんと峻別すれば良い、という点に尽きる。

こういう時は投資ファンド(ソフトバンク)や資金調達仲介業者(JPM)が役に立つ。
よい流れになって来たと受け止めている。
まあそれしかないよなぁ
「ソフトバンクグループは、シェアオフィス運営の米ウィーワークに対し金融支援の準備を進めている。事情に詳しい関係者によると、支援が実施されれば、ウィーワークの現金不足が解消され、ソフトバンクが経営権を握ることになり、創業者のアダム・ニューマン氏の影響力はさらに弱まる。」
最近のソフトバンクはスプリントやアーム以外は経営権を持たず、関連会社としての関与を好む傾向がありましたが、自ら立て直すために主導権を握るしかない、という感じでしょうか。

投資を毀損しないためには自分たちも汗をかくしかない、と腹を決めることになりそうかも。
ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、日本の携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連会社等を傘下に置く持株会社。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
10.0 兆円

業績