新着Pick
3Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
黒田総裁の最近の記者会見やインタビューを踏まえると、日銀としては、海外市場の影響やファンダメンタルズによる長期ゾーンの金利への下方圧力については容認する一方、政策的な押し下げについては、家計のマインドへの影響を考慮して、抑制的に対応するという考え方であるように見えます。

ただし、特に超長期ゾーンは発行額が相対的に小さい一方で、機関投資家の需要は継続的に存在するだけに、買い入れ方針をあまり機動的に変更することも望ましくなく、いずれにしても、ある程度長めの方針が明らかになっていた方が良いようにも感じます。