新着Pick
133Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
これでFully RLV(Reusable Launch Vehicle)が成立したら,商売あがったり?
まず,金属 TPS (熱防護システム)が本当に成り立つのかも知りたい.さらに,帰還時の揚力飛行で,動圧や荷重倍数に構造が耐えられるのか?
来年はないな.

【追記】巨大なのはそれだけ大きなペイロード(荷物や人)を載せるため性能が良い,というのは間違いで,巨大にしないと成立しないからです.月周回の増速度量を得るためには,構造重量を削って質量比(推進剤を含む離陸重量/空虚重量)を極めて大きくしないといけない.通常のロケットでの質量比は5~20程度.この手のRLVは設計を進めていくと,質量比を大きくするためにどんどん巨大化していきます.そしてどこかに甘い見積もり(例えば,エンジンのISP(燃費)が何倍になったとか,比強度が何倍の材料があったとするとか)を入れないと発散して解無しになるが一般的です.アポロ計画のサターンVロケットは,質量比が大きく,構造が弱いために,横に寝かせると自重でつぶれるほどでした.そんなロケットが再突入した時に空気力に耐えられると思えないのです.
まあ色々と新しい試みがなされているので、最初から上手くいくということはないでしょうけど、意欲的な試みは応援したいですね。
あれ、カナード翼がついてる!基本デザインも試行錯誤しながらやったいるのですね。来年前半の有人飛行は、まあ、まずないでしょう。それよりも遅れっぱなしのドラゴンをまず飛ばさないと、、、
どんな乗り物でも再利用できなくてはならないというのはその通りですね。発表イベントの動画は下記から見ることができます。
https://www.spacex.com/
人と一緒に写ってるのを見て、想像以上の大きさにびっくりする。
仮に目論見通りに機体の再利用が出来たとしても、物見遊山のために膨大な燃料吹かして飛ばすのはエコでもなんでもないような…

火星を目指す人には関係ないですかね。