新着Pick
683Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
惣菜売上も好調で、エスニック含め品揃えも幅広いのですし商品開発力も高いです。中食拡大の中でも、この規模でそれを実現しているので、地場系惣菜店でも見習うことが多いです。
安くないから選ばれる、だと思う。
安いものを買いたい層がマス。だけど、良いものを買いたい層は確実に存在する。「安いもの」は価格という数値に換算できるものに対して、「良いもの」は価値観を伴い、より多様で難しい。そこに対して、品ぞろえだけでなく、店舗の雰囲気や思いなど含めて訴求をしている。だから信頼されるし、信頼を基に自分が知らない商品も手を取ってみようとなり、高くても選ばれる。
逆に安さや規模を追えば壊れるビジネスモデル。ジワジワ育てる必要があるし、育たなくなっていった時には原点に立ち戻って縮小することも求められるビジネスモデルだと思っている。
外食よりも成城石井で惣菜を買いたくなる何かが成城石井には積み上がっています。
揚げ物は少ないけれど、スコーンはたくさんある。
「大手スーパーでは一般的に揚げ物が大きなスペースを取っているが、成城石井には揚げ物がほとんどない」
父親と一緒に成城石井に行くと、いつもは食べられない高級感のあるお菓子を買えたことがよい思い出です。
成城石井の売り場に行ったとき、この記事を思い出すことで、どんどんファンになっていきそうです。

アドバンテージパートナーズがその後、丸の内キャピタルに譲渡し、更に売却する意向があったまでは記憶にあるのですが、現在ローソンの子会社だったんですね。

親会社が何度も変わり、親会社から送り込まれてくる方々も様々だったでしょうけれども、こちらの記事を拝見する限り、成城石井のビジネスモデルやカルチャーを仕組みの導入やフォーマットに落とし込むことで、これらの永続させるための取り組みが行われてきたことが伺えます。
ラクサなどのエスニック系がなかなか本格的で大好きです。最近バリエーションもすごく増えたなと思っていましたが、その背景などが理解できて面白かったですね。
お店の規模にもよりますが生鮮食品も意外と充実しているし、ちょっと食べたい、というときのものも沢山あって愛用しています。
成城石井にしかないものとかありますよね。チーズの種類とかちょっとしたおつまみとかお菓子とか。
月に数回ある街のお店に行きます。昔から使っていますが、特徴はそのままに正常進化しているものの、相対的に昔ほどのプレミア感はありません。その街にも明治屋や大手食料品店などが連なり、各々の特徴を知っている顧客は上手く使い分けていますね。
「量より質」の手本。
私がもともと成城石井を使い始めたきっかけは一人暮らしの時に、レストランで一人で行くのは寂しいので自分へのご褒美をしたいときなどに、少し贅沢で美味しい食事をしたい時にワインと一緒にチーズやプロシュート・オリーブ、ジェノベーゼなどを買ったときが始まり。
ワインも成城石井から興味を持ち始めた。食への興味を誘ってくれたのはまさにここだなと思います。
強い小売のバイヤーは頭を下げるプロ「海外の取引では…かつては全く知名度がなかった。そのため、頭を下げ、成城石井の店舗内の写真を見せ、どのような商品を扱っているのかを伝えていく…品ぞろえのこだわりに対して驚かれ、商品の価値が分かる顧客に販売していることを感じ取ってもらえる。」
この連載について
忙しい現代人こそ、読書が必要だ――。 近年、教養を身につけることの重要性が叫ばれているが、意欲はあっても、読む時間を十分に取れないビジネスパーソンが多いだろう。NewsPicks編集部は、本の要約サイト「フライヤー」とコラボし、毎週土曜日に、話題のビジネス本の要約をお届けする。1冊約10分程度で本の中身を理解できるもので、まさに現代のビジネスパーソンにぴったりの内容。週末のひとときで新たな知識を手に入れてほしい。
株式会社成城石井(せいじょういしい、英語: SEIJO ISHII CO., LTD.)は、関東地方を中心に、中部地方、近畿地方に店舗を展開する高品質な食料品主体のスーパーマーケットチェーンである。各店舗には倉庫が無く、コンビニのようにその日に必要な商品を物流センターから店舗に小分けして送る仕組みができているのも特徴である。 ウィキペディア