新着Pick
8Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
今回の台風はすでに各国の数値予報モデルで似たような進路・スピード・勢力で予報されており、三拍子そろってきました。

現在は台風に対して南側にしか雲がまとまっておらず、衛星画像だけではどこが台風かわからないような状態ですが、沖縄付近の海水温度も高く、今後台風の北東側にも強い雲を持つようになる見込みです。
台風は20日夜から21日午前中は沖縄本島付近、その後東シナ海を北上して22日朝には九州の西に達し、午後にかけ対馬海峡を通過しそうな状況となっていますが、九州上陸の可能性もそれなりにある状況となっています。
その後23日朝には日本海へ進み、夜には北海道に向かう形になりそうです。

台風がある沖縄はもちろん、前線が刺激を受けることから西日本では20日夜から天気は下り坂で、台風の接近通過と相まって大雨となりそうです。
また風も強く、台風の中心から東側は特に風が強くなりやすいため西日本から東日本、北日本の広い範囲で場所によっては瞬間風速が40m/s程度になる恐れがあります。先日の台風15号での停電も、瞬間で40m/s以上の風が吹いたところが中心となっているという報告もありましたので長期間の停電の可能性も否定できません。特に東シナ海や日本海側の各地では注意が必要となります。また、台風15号での停電・断水の時には、念のためお風呂に水を張っておいてよかった、という人もいました。
台風はそれなりに足早に南からやってきます。対策は早めに取っておくことをお勧めいたします。