新着Pick
5Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
短期金利の過度な変動を抑制するためだけでなく、FFレートを目標の範囲に適切にコントロールするために、超過準備をどの程度の水準に維持すべきかは、FRBにとって難問であり、先頃まで進められていたバランスシート削減の中での主要論点であったわけです。

低金利の長期化やAMLの強化に伴う銀行券需要の高まりや金融規制の強化に伴う市場機能の低下、FRBが抱える国債の期間構成と新発債の期間構成とのミスマッチといった要因が作用していると考えられるだけに、今後もこうした事態がしばしば生じることが考えられます。

FRBは今回のように巨額のレポオペで対応することは可能ですが、どこかで、このような対処療法でなく、定期的なシステムオペのような抜本的な対応が必要になるように思います。