新着Pick
162Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
終始“マンガ”のように、コミカルなエピソード。口頭で聞いてもいつも笑いがおきますが、ノンフィクションなんですよね。星﨑社長の人間性や、その時の社会情勢が表れていると感じます。
今回も出てきた「川は上から下に流れる」は根底にある考え方と言うことですね。また、途中で「就業中の勉強」の話が出てきますが、この時も与えられた売上目標は達成していたと聞いています。おそらくバレていたら怒られたはずですが、余計な文句を言われないためにも、必ず成果を出すというのは今も徹底されています。
「シゴテツ -仕事の哲人-」メガネスーパー社長・星﨑尚彦氏の第5回です。

三井物産で人事に噛みつき、上司としょっちゅうぶつかっていた星﨑さんは、会社の理不尽さを痛感し、辞めることを考え始めます。しかし、簡単には辞められません。転職か、資格取得か。MBAを取ろうと決め、猛勉強を始めます。

ーーー
プロ経営者と呼ばれる人たちがいる。職業=社長業。業種や規模に関係なく、経営の手腕を発揮する。メガネスーパー社長の星﨑尚彦氏はそんな1人だ。

三井物産、スイスのビジネススクールIMDを経て、初めて経営に携わったのは33歳のとき。すでに社長歴は21年になる。フラー・ジャコージャパン、ブルーノマリジャパンなど外資系企業のトップを務めたほか、2011年からはアパレルメーカー、クレッジの経営再建に力を尽くした。そして13年7月、メガネスーパー社長に就任。8年連続赤字で倒産寸前だった同社を奇跡的なV字回復へと導いた。

いじめられっ子だった少年時代、将来何をやりたいか分からなかった青春時代を経て、いかにプロ経営者という職業にたどり着いたのか。星﨑氏のこれまでを振り返りつつ、その哲学に迫る。(全7回)

第1回 倒産寸前のメガネスーパーをV字回復させたプロ経営者
第2回 ただのデブが独自に右脳を鍛えて早大法学部に合格
第3回 1000人のアルバイトを統率したリーダーシップの極意
第4回 三井物産でシェアナンバーワンを獲得した仕事術
第5回 MBA、世界のトップテンでなければ意味がない
第6回 ビジネススクールに行くべきか?
第7回 瀕死のメガネスーパーを蘇らせたトップの手腕
決断が豪快で先が気になります。明日の記事が楽しみ。
「若いから待て」はおかしい と思っていてもヒエラルキーの大企業で実際に言える方は少ないと思います。
”「じゃあ、もう辞めろ」と言うので、売り言葉に買い言葉で「上等だ、辞めます」と口走っていました”今回もテンポ良く面白い!世の中のサラリーマンには全く参考にならないんでしょうね。いつでも言えるように日々を一生懸命に生きているとサラリーマンとしても面白くなると思います
「バブル崩壊の影響で、仮に会社の業績が悪くなったとしたら、その原因をつくったのは今の上層部だ。部長以上こそエコノミークラスに乗るべきで、僕らのような未来ある若手社員はビジネスやファーストクラスに乗せるべきじゃないですか。やっていることが本末転倒だ」

至って正論だわ。
私も同じやり方(自費休職)で行きましたので、年次が同期より2年遅れています。でも一ミリも後悔はないです。
この連載について
ビジネスや働き方が多様化し、正解がない時代に、自分を信じて一心に仕事をする人たちがいる。そこにあるのは独自の「哲学」だ。仕事人のヒストリーをたどり、道標となった哲学を浮き彫りにしていく。
三井物産株式会社(みついぶっさん、英語: MITSUI & CO., LTD.)は、三井グループの大手総合商社。三井不動産、三井銀行(現・三井住友銀行)と並ぶ『三井新御三家』の一つ。通称は物産。 ウィキペディア
時価総額
3.43 兆円

業績