新着Pick
516Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ハーバードに入るためには約15,000語を覚えねばならず、特に高校生の時はかなり努力しました。

その中でも私が頼ったのは「耳」と「丸暗記」。

「これ、発音なんだっけ?」となっていては覚えられるものも覚えられないので、口に出して読むことを意識して繰り返し、単語を見たら脳内で勝手に発音と意味が鳴るようにしていました。

文章の丸暗記も、パターンがわかるようになるのでかなり有効です。

英語は単語がすべてなので、口に出して単語量を増やすことを心がけるのが1番効果的だと思います!
外国後の習得はとにかく話すことです。
昔、後輩に電話会議などで英語で話す機会を与え続けたところ、それなりに話始める様になりました。
自分で準備した文章を音読して、実際に外国人相手に試すという反復作業も効果があると思います。

十数カ国語を操るシュリーマンによると音読が大事とのことです。
https://president.jp/articles/-/31576
連載「シゴテツ -仕事の哲人-」、バイオリニストと起業家のパラレルキャリアを歩んでいる廣津留すみれさんの第5回。世界で通用する英語力を身につける具体的なステップを紹介します。
ーーー
1993年大分市生まれの26歳。小中高は地元の公立に通い、ハーバード大学に現役合格。2016年に首席で卒業後、ジュリアード音楽院の修士課程に進学し、18年に最優秀賞を取得して修了するという快挙を遂げる。

現在は、ニューヨークで起業家として奔走する一方で、バイオリニストとしても世界中から招かれ、一年の半分は演奏旅行に飛び回る。ヨーヨー・マをはじめ、世界的な演奏家との共演も多い。

英語塾を運営してきた母の独自の教育法で、幼い頃から英語を学び、4歳で英検3級に合格。小学生の時から始めた日記やプランニングの習慣は、今でも継続している。徹底的な効率化と集中力で、限られた時間をフル活用し、結果につなげてきた。

あふれる情熱と行動力を兼ね備えた、まさに世界を舞台に活躍するニューエリートの学び方と行動習慣を紹介する。(全7回)

■第1回 ハーバード首席卒、バイオリニスト起業家の勉強法
■第2回 ゴールに向けて必要なことを効率的にこなす
■第3回 ヨーヨー・マに学んだサーバント型リーダーシップ
■第4回 世界のリーダーが実践する人脈づくりの秘訣
■第5回 世界で通用する英語力を身につける方法
■第6回 貴重な「5分」の使い方と「TO DOリスト」
■第7回 世界中に音楽の楽しさを伝えたい
ベンチャー経営者でも英語を勉強する人が増えてますね。

僕も毎日3時間を目標に、単語・文法・シャドーイング・英会話を勉強しています。(会食の帰り道とか酔っ払いながらシャドーイングしてます。笑)

廣津留さんもおっしゃっていますが、やはり語彙力に依存するなと。
日本語が話せている時点で、文脈から読み解く力は備わっているはずなので単語さえわかればある程度は成り立ちます。

30歳を超えてからの語学習得は難易度が高いと言いますが、
コツコツ頑張っていきたいですね。
「最近の」ではなく「いつの時代も」若い世代が本当に頼もしいです。
生き方が確実にアップデートされていますものね。

この連載、毎朝、刺激と元気をいただいています♪
英語を習得するのに近道はないというシンプルだかれども説得力のある教訓です。特に、廣津留さんの場合は、大学からアメリカに行っているので、自己主張をしないと存在すら認めてもらえないアメリカ社会の洗礼を自らの力で乗り越えているところが、説得力を感じます。

英語は、シンプルな言語なので、ビジネスを理論的に考えるには適していると誰もが言います。それに対して日本語は言葉やニュアンスが深く感情豊かな言語です。私達日本人の欠点と言われる曖昧さも、日本語が持つニュアンスの広さ故だと個人的に思っています。

個人的には今は英語だけではだめで、中国語を勉強しないといけないかなと思い始めているところです。
けれども、まずは日本人は英語ですね。とても参考になると思いました。
やはり、0歳から英語をやっていたのですね。それでも日本で育つと英語をネイティブのようにつかえません。
私はフィリピンにいるので、英語が日常に使われています。
学校も英語で授業を行っているので、フィリピン人は奇麗な英語を使います。
しかし、全員がネイティブのようになっていません。
フィリピン人でも廣津留すみれさんのように、奇麗な英文を書くことや、ネイティブのような言い回しは、努力しないとできないようです。
-英語でコミュニケーションができる

-コミュニケーション能力が高い

は別々の話なので、それぞれ鍛えなければなりません。

前者だけなら英語しか話せない環境で2ヶ月いれば習得できますが、後者は論理的思考能力や相手の考えていることを慮る能力など要素が多岐に渡るため、一概に習得できるものではありません。

両方とも、習得していた方が人生がより豊かになることは確実なので、意識してそれぞれ高めたいところです。
とにかく話しまくることです!きちんと時間をかけて覚えるには単語単語でしっかりとした文法を学ぶことが良いと思いますが、話せるようになる、にはフレーズフレーズで勉強するのがベストという持論azs.
早くから英語を学んだというのがまず普通ではないが、2歳で本を読んでいた、というのは母国語でもなかなかできないはず。ギフテッドっぽいな。「私の中では勉強させられたという記憶はなく、一緒に絵本を読んで音真似をしたり、時折外国人の方と近所の海や山に行って過ごした楽しいことしか覚えていません。」というところは、誰もが参考にしたい子育ての大事なポイント。
この連載について
ビジネスや働き方が多様化し、正解がない時代に、自分を信じて一心に仕事をする人たちがいる。そこにあるのは独自の「哲学」だ。仕事人のヒストリーをたどり、道標となった哲学を浮き彫りにしていく。