新着Pick
276Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
連載「シゴテツ -仕事の哲人-」、今回はバーチャル認知科学者の佐久間洋司氏。

大阪大学4年生の佐久間氏は、AIやVRのテクノロジーによって人の意識に働きかけるシステムの研究開発に取り組んでいます。大学2年のとき、AIのメッカであるカナダのトロント大学へ1年間留学し、深層学習や機械学習を学びました。

研究開発の傍ら、予算を獲得するために奔走。パナソニックや孫正義育英財団から支援を受けています。今年夏からは大阪市や関西財界の後援を受けたサロンの代表を務め、2030年の日本をつくるリーダーを大阪から生み出すことを目指している。

この23歳の若者は、多くの知識人・財界人を巻き込み、人の意識に働きかけて、どのような未来をつくろうとしているのか? 自身の哲学とビジョンを語ります。(全7話)
佐久間さんワールドが全開の記事。必見ですね。
内省は成長要素として非常に効果的ですが、これをテクノロジーを活用してドッペルゲンガーと出会う、メタ認知の獲得、などにつながるかもという視点も非常に面白い。
佐久間洋司さん、「他人に入れ替わる」体験。もし、できたら、色々な発見があると思います。今後の研究に期待したいと思います。#佐久間洋司
B2Bの業種にいると、サービス提供者のなかに顧客企業から移って営業をされている方がいます。

こういう方は、サービス導入の際、顧客企業のなかで何が起こっているかを体験ベースで認識しているため、効果的なサポートをしてくださいます。

もし、この技術が広まれば、顧客経験のある人材を採用する、という対応から、顧客の経験共有を受けられるようにする、というものに変わる、と想像しました。
認知脳科学でますます面白いことが研究できる時代になった。人も猿も道具を使っているとその道具を体の一部として脳は処理するようになる。他者になりきっている間の脳活動をMRIでは制約が大きいのでNIRSを使って測定してみると面白いと思う。視覚野、運動野、頭頂連合野以外にどこが活動するんだろう?
こんな方がいるとは。知らなかった。
この連載について
ビジネスや働き方が多様化し、正解がない時代に、自分を信じて一心に仕事をする人たちがいる。そこにあるのは独自の「哲学」だ。仕事人のヒストリーをたどり、道標となった哲学を浮き彫りにしていく。