新着Pick
130Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
我が家は、娘が小さい頃から原則として家族3人で食事をし、延々とおしゃべりをしていました。
中学受験時代でも、塾のない日は勉強は夕食までとして、長い夕食時間をとっていました。

一見フランス的ですが、テレビやDVDを観ていた点が違うのでしょう。

一度テレビで各国の国民が夕食にかける時間が紹介された時、娘が日本人の夕食時間の短さに驚いたくらいです。

学生時代からのように、最初から一人暮らしの時は平気でしたが、突然一人飯になると侘しいものです。

自分の好きな動画配信やDVDを遠慮なく観ることができる点は、プラスですが・・・。
仕事とスマホのせいで、ひとりの時間がとれなさ過ぎることが根本的な原因だと思います。

だから、
・家だけでも、、って独身を貫くか
・家族いるなら、帰る前に少しだけでも1人ガスト…

みたいなことをしないと脳のバランス取れなくなってるのだと思います
愛を信じなくなったといえば、サウザーですかね。

師匠(お師さん)に拳法を教わりながら、自分を育て鍛えてくれるお師さんに親への愛情に似た感情が湧いてきます。少年サウザーにとってはとても充実した日々でした。

あるとき、修行の最終フェーズで事故でお師さんをサウザー自身の手で殺してしまいます。(正確にはお師さんによる狙い通り)

サウザーは愛したお師さんを自分の手で殺してしまって絶望し、愛ゆえに苦しみました。それゆえ、愛は人を不幸にすると考えて愛を捨てました。

のちにケンシロウに倒され、ケンシロウから「愛の温もりを感じたことがあるはずだ」と諭され、お師さんの温もりを思い出しました。最期のセリフ「お師さん、もう一度ぬくもりを・・・」はあまりにも有名。
記事に書かれている中国の若者が独身を選ぶ3つの理由は日本とそれほど変わらないように思いました。