新着Pick
238Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
直接的にはボルトン氏がアフガニスタンのターリバーンとの「和平」に反対して中止させたのが解任の理由でしょう。
 ボルトン氏がトランプ大統領と対立した外交課題は以下のようなものです。
1)北朝鮮問題
2)イラン問題
3)アフガニスタン問題
 いずれも、トランプ大統領は北朝鮮やイランの政府、ターリバーンに対して宥和的な姿勢を取り、トップ会談で解決しようとしました。ボルトン氏は大統領補佐官として、事あるごとに反対し、宥和よりも強硬な措置を主張しました。特に、イランに対しては空爆などの軍事攻撃を主張し続けました。
 ボルトン氏は、米国の外交では保守的な路線の代表的な人物です。1980年代から国務省の幹部であり、米国が軍事力や経済力をフル活用して、世界の安全保障を維持しなければならないという使命感の持ち主です。
 トランプ大統領は、そういう使命感は無い人で、なぜ米国がイラクやアフガニスタンに関わらなければいけないのか、そんな国はどうでもいい、という多数の米国人の「本音」を代弁しています。
 ワンマンで独断の多いトランプ大統領が、よくボルトン氏を起用してこれまで意見を聞き続けてきたものですが、ボルトン氏は米国の国務省の本流であるだけではなく、イスラエルの要望にはピッタリの人物でした。トランプ大統領といえども無視はできない声を代表していたといえます。
 米国が世界の安全保障を維持しなければならないという使命感は、オバマ前大統領であれ、マティス前国防長官であれ、共和党も保守党も、米国のエリートが共有しているものです。その使命感をトランプ政権内で持っていたのは、ボルトン氏が最後でしょう。
 今後、米国の外交は、トランプ大統領が掲げてきた方針、外国への不介入、紛争の放置、日本や韓国を含む海外に駐留する米軍の撤退・削減、そしてコストカットする、という方向に傾くでしょう。
Bolton was less aligned with Trump on actual policies than any member of his core national security team since the election—including Bannon, Mattis, McMaster, Pompeo, Tillerson...you name it.

ボルトンは選挙後に国家安全保障チームに入ったどのメンバーよりもトランプ大統領と外交政策において平仄が合っていなかった。バノン、マティス、マクマスター、ポンペオ、ティラーソン...誰よりもだ。

<コメント元記事>
http://bit.ly/31aZzHu
選挙戦略が変わってくるかな。ボルトンの役割は、バットポリスだった。ガンガン強硬させ、トランプ大統領がその後に、俺が話を聞くぞーと歩み寄るスタイルだ。そのボルトンさんが解任。イランを空爆する寸前でトランプ大統領が攻撃命令を撤回するした事件があったが、あの辺りからトランプ大統領のボルトンさんへの不信感が募り始めた気がする。
トランプ政権は改めて、恐ろしいなと感じます。
もちろん、そのトランプ氏を大統領に選んだのはアメリカ国民ですが…
トランプ大統領の下、アメリカはこれまで以上に、トランプ流で我が道を行くのかと思うと、暗くなってしまう自分がいます。
塩崎先生のコメントが心に沁み入ります。

米国が世界の安全保障を維持しなければならないという使命感は、オバマ前大統領であれ、マティス前国防長官であれ、共和党も保守党も、米国のエリートが共有しているものです。

アメリカという国の存在感を支えてきたこの使命感を全く持たないアメリカが、世界一の大国というだけで世界を振り回している今の状況には、何かが起きるのでは?という恐怖を感じてしまいます。
もちろん、このエリート意識へ反発するアメリカ庶民の気持ちも分からないではないですが、でも、アメリカだからということで許されている大国特権の良いところ取りには、最近特に憤慨を感じます。
ボルトンも解任… そして誰もいなくなった… 100%のイエスマンしか。基本トランプの外交戦略は2つ。選挙向けの思いつきの人気取りと、アメリカファーストのモンロー主義。戦後、米国を中心にした、西側諸国が築き上げてきた自由と民主主義による秩序の崩壊が加速する…
やはり。大阪でのG20が終わったあと、トランプ大統領が米朝首脳会談のためにソウルに飛んだとき、大統領専用機にボルトンさんはいなかった。このとき、トランプ氏がサプライズ首脳外交を展開するとき、ボルトンさんは不要になった。
換言すれば、直感型かつディール重視のトップ外交にブレーキをかける役割を担ってきたとも言えます。中長期的にみてこれが米外交にとってプラスなのかマイナスなのかは読みにくいところです。
ボルトンはイラン、北朝鮮などに対して強硬派過ぎて、ポンペオとも意見を異にしていた。トランプは来年の大統領選に備えて姿勢をわかりやすくしたかったのだろう。
以前から余命僅かと言われてましたが、遂に…。

ボルトン氏は日本と親密でしたので、日本政府としてはちょっと残念な話かもしれません。
「世界の警察官を辞める」ベクトルの中、やはりネオコンはトランプ政権にはうまくはまらなかったのかと思います。後任は「来週にも発表」なので、ビーガン氏を軸としてすでに数人に絞っているのかと思います。