新着Pick
263Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
中国の、特に広東省あたりにアラブ人やイラン人、インド人、アフリカや東南アジアあたりから商売をしに来るのは、唐の時代からあったことです。彼らは、中国の絹や陶磁器などを船で輸送すれば、莫大な利益を上げることができました。この物の流れは、日本人は20世紀になるまでほぼ関与することはなかったですが、世界史上の最も重要な物流網といえるでしょう。
 中国から西方への物流網は16世紀からヨーロッパ人が握るようになっていきましたが、再びアラブ人やアフリカの人々が参入してきています。もっとも、中国人自身が輸送する分が圧倒的に大きいですが、現在は、繊維製品を中国から運ぶよりも、雑貨品、あるいは自動車を運んでいます。彼らの扱う商品からいって、仕入れの場は、香港よりも広州、それと雑貨品の都、義烏に移っています。
 アングラ経済というのは、政府が生活や福祉、治安の世話をしてくれないところで成長します。日本でもネパール人やベトナム人といった出稼ぎ外国人は、政府があまり世話をしてくれないので、自分たちで助け合う仕組みが急速に発達してきています。1990年代までは、イラン人の間でそういう仕組みが発達しました。ビザや開業、教育、医療、埋葬など、ややこしい手続きが、一人ではなかなかできません。そういうところからも、民族や出身地ごとに助け合う仕組みは必須になります。
 逆に、外国人であっても、普通に正社員になれて、役所の手続きなどが一人でスムーズにできるようになれば、アングラ経済の必要性はなくなり、弱まっていきます。中国も日本も、政府が出稼ぎ外国人の世話(介入)をそれほどやってくれる国ではなく、助け合いの仕組みが大いに必要とされます。
 中国政府としては、アフリカを市場、そして農業や製造業の生産拠点としては非常に重視しているので、中国まで来ているアフリカ人をそこまでないがしろにもできないでしょう。中国政府が求めているのは、スーツケースに雑貨品を詰めて帰るような商売人よりも、アフリカ現地で流通や生産のパートナーになるような企業家でしょうが、スーツケースの商売人の中から、そういう企業家が出てこないとも限りません。
重慶大厦はNHKのドキュメント72時間でその実態がレポートされていました。このレポートでも、必死で生き延びようとする人間の底力を感じます。コミュニティの大切さもわかります。そこには、日本人コミュニティはあるのでしょうか。
何度か泊まりました。

便器の上にシャワーがついているタイプの部屋で、シャワー浴びるとトイレがビショビショになるタイプで冬は寒かったです。深夜に部屋を間違えた中国人が突然部屋を怒鳴りながらノックしてきたときはビビりました。

ウォンカーファイの映画でも何度も使われていて、映画を見てから訪れるとまた感慨深いです。
この連載について
まるで預言者(プロフェット)のように、新しい時代のうねりをいち早く紹介するNewsPicksのインタビュー集。本質を見抜く視点を毎週つむいでゆくことで、ちょっと先の未来を覗こう。