新着Pick
90Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
"トヨタ自動車本社内にある研究開発施設で8月30日午後4時50分頃、就業時間中に出火して消防車が出動する大騒動があった。

豊田章男社長は翌日31日の土曜日、予定を急遽変更して出火現場を訪れた。そのことがトヨタの自社メディアで外部にも発信している「トヨタイムズ」で報告されている。安全管理が問われる都合の悪いことでもオープンにする姿勢も感じられるが、肝心の出火元などには一切触れられていない。実は筆者の取材によると、火元は、トヨタの虎の子の技術である燃料電池だった。"

冒頭のこの部分はなるほどスクープかも知れないが、それ以外の部分はFacta特別速報が少し詳しくなったくらいの内容。

トヨタ・日経「禁断の交わり」人事
https://newspicks.com/news/4184784/

確かにトヨタやトヨタグループ企業内で起きた事故が、メディアで報じられない(報じられてもすぐに消される)ということはママあることだが、まして現在イメージを悪化させたくない燃料電池が出火元とあればなおさら、なのかも知れない。


"他紙との相対評価ではあるが、企業報道ではこれまで定評があり、特ダネでも企画記事でも日経報道を読めば、ある程度の「本質」が見える部分があった。"

昔はそうだったのかも知れないが、最近では政府や企業のプレスリリースを代わりにやるような記事も多い印象があり、日経の特ダネで評価される様な記事が思い浮かばない。

むしろ、本誌では好きなことが書けないからと、「Facta」や「選択」、などで日経記者が書きたいことを書いていると聞きます。(実際、この2紙はトヨタ批判の記事が定期的にある)

"日経の記事の背後には、現場の記者の地べたをはうような取材があり、企業から恐れられながらも尊敬もされる記者が一定数いたことは間違いない。"

以前は私程度の人間でも付き合って頂いた日経記者にもさすがと思う人がいたんですが、気づけばみんな辞めてしまいました。最近お付き合いしている記者は、新しく担当になったという人ばかりで、1バレルは何リットルかという話から説明しなければなりません。

こういう記事の時だけ、「天下の日経」みたいに持ち上げるのもどうかなという気がします。
井上さんの記事です。同様のことを憂いている方はトヨタ内部にもいらっしゃいます。
取材対象である企業とメディアの関係が改めて問われていると思います。お互いに立ち位置が異なっても緊張感を持って、日本のクルマ社会がより良くなるよう努力しなければならないと思います。

トヨタイムズの記事をあげておきます。
http://toyotatimes.jp/index.html
経済誌の『FACTA』が2日、いち早く「号外速報」として配信していました
【参考】トヨタ・日経「禁断の交わり」人事
https://facta.co.jp/article/201909053.html
批判的に書かれていますが、個人的には興味深い。インターンはもちろん勉強になると思うのですが、その後、やりにくくなったりしないのかな...

「この人事は6月初め、トヨタと日経のトップが会食した場で急遽決まり、トヨタから日経側へ投げかけたという。トヨタは、西岡氏から「トヨタイムズ」強化のための助言を得ることなどを期待していると見られる」
何を今更、とも思いますが。

まぁそうですよね。
特段何も変わったことはないというか、いまさら感しかないですが。
トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、英語: Toyota Motor Corporation)は、日本の大手自動車メーカーである。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内では「TMC」と略称される。豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARUの筆頭株主である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
24.7 兆円

業績

株式会社日本経済新聞社(にほんけいざいしんぶんしゃ、英称:Nikkei Inc.)は、日本の新聞社である。日本経済新聞などの新聞発行の他、デジタル媒体の運営、出版、放送、文化事業や賞の主催・表彰等も行っている。 ウィキペディア