新着Pick
21Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
んー、ざっくりいうとそうなのですが、最近は教師つき学習なら問題が解けることはわかってきたので、
・半教師付き学習(一部にのみ正しいラベルが付いていてその他は正解がわからない)
・弱教師つき学習(全てに完全とは言えない情報がついている)
・転移学習(ある分野で知識を獲得してそれを他分野に応用する)
・自己教師学習(自律的に自分が手元に持っている・作り出せる情報だけを用いて学習する)
・few-shot学習(ほんの数例だけ正解を見せられる)
・zero-shot(当該クラスに関して全く正解がわからない状態であるが、例えば画像の問題を解くときに言語領域での知識は持つなどの条件緩和を行う、厳密な意味での教師なしではない)
など様々な学習手法が提案され、また進歩しつつあります。