新着Pick
558Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
村西監督に対する共通体験がないから、「山田孝之の憑依がスゲえ」というような盛り上がりは海外では起きないですよね。
とはいえ、ウケたかウケなかったかを判断するのはあまりに早いような気もします。作品のライフサイクルが早くなっているとはいえ。
コンマリ作品を観た後、解約していた私ですが、また入会します。
【追記】
このヒットの秘密を知るには、原作である『全裸監督 村西とおる伝』も読まなければなりません。
思わず山田孝之演じる村西とおるを真似してしまうアレはたしかに日本語圏以外では楽しめないからなぁ。
あと、正直この作品自体のエロさはゼロ%だと思いますね。
日本の「わいせつ規制」に挑戦して打破していった村西とおる氏の生き様を描いた「全裸監督」、面白いです!

実在する人物をモデルにしたリアリティ溢れる内容だからこそ、日本でヒットしているのでしょう。

海外で受けなかったのは、村西氏の知名度が国内に限られていたこと、日本のようににわいせつ物に対する(ある意味訳の分からない)規制が海外ではなかったことなどが起因しているのでしょう。

ただ、世の中の需要の裏側という点から観ると、ビジネス的に非常に興味深いのですが・・・。
おそらく今でも、裏側の需要はものすごくあると思います。

内容を変えて、裏側の需要をキャッチしてビッグビジネスにするというストーリーであれば、世界中で反響を呼ぶと思うのですが・・・。

一時期話題になった不倫のマッチングサイト、あれが成功していればサクセスストーリーとして米国でも受け入れられたかもしれませんね。
私は楽しんで「全裸監督」を見たけれど、仮にこれが日本発のオリジナルドラマとして海外から爆発的な評価を得られなくても、大した話ではない。「深夜食堂」とか「火花」とかいろいろあるけど、まだまだ始まったばかり。

そもそもNetflixはローカルプロダクションに注力しており、確かにブラジル発の「3%」とかグローバルオーディエンスに訴求できている作品もあるだろうけど、それはサイファイやホラーなど作品のジャンルにも依存するだろうし、例えばタイやフィリピン発のNetflixオリジナルドラマが北米で評価されるかと言ったら、別にそうでもないんじゃないかなと思いますよ。もちろん世界で評価されれば嬉しいが、先ずローカルで評価されないなら、そもそもローカルプロダクションをやる意味が全くないですしね。あと続編がすぐに決まって興醒めしている人や日本の変なイメージを海外に流布させるとか言ってる人はナイーブ過ぎますね。
日本のコンテンツに精通するジャーナリストのパトリック・セント・ミシェル氏による鋭い洞察、ぜひご覧ください!
「全裸監督」見ました。一視聴者として面白かったです。しかし世間の評判は大きく「俳優さんたちの演技がすごい」「地上波では見れない」の2タイプだったように思います。いずれの声を見ても、より造り手サイドにインパクトを与えた側面が大きかったということでしょうか。
結局視聴率に帰結するのですね。制作しても見てもらえなければどうしようもない。お金にならない。お金になるなら、どんどん制作しよう。

しかし、コンテンツが過激になると、エスカレートして収拾がつかなくなることもあります。
海外に行った時に会話をしていて1番痛感するのは「日本は類を見ない程、圧倒的なハイコンテクスト社会」だということですね。
今回でいう村西監督がそうであるように、日本人は地域コミュニティの中、つまり近所付き合いというものを大事にしながら生きてきた人種だと思うので海外受けしないのはそこまで驚くべきことでもないかなと。

アメリカは州によって考え方も宗教も政治も全て価値観が異なりますが日本は言語も価値観も概ねズレることはないので共通認識が広まりやすいですよね。

Netflixも世界を視野に入れたローカル特化作品として打ち出してるかなと個人的には感じました!
実は昨年の10月に「村西とおる熱狂の日々」という映画のプレミアム試写会がありました。しかしこの「全裸監督」のようにヒットすることはありませんでした。時期が逆だったらヒットしたのかもしれません!
日本のコンテンツを輸出するという外需グローバルプラットフォームであるNetflixでの展開はすごく価値がある。逆に日本だけにとどまってしまうとNetflixの意味がないというか、単純に内需を海外勢に取られただけというオチになってしまうので、ここは世界に全裸監督が支持され、山田孝之くんたちが世界に羽ばたけるところまで行って欲しい。裏を返せばNetflixからしたら日本で流行るだけで外需が取れて十分なので今の時点で大成功なんだよね。
この連載について
ビジネスの話題に関する特別レポート
Netflix(ネットフリックス、ナスダック: NFLX)は、アメリカ合衆国のオンラインDVDレンタル及び映像ストリーミング配信事業会社。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、FAANGの一つである。2017年12月の時点で190ヵ国以上で配信事業を展開し、2018年の売上は157億ドル(1.57兆円)、契約者数は世界で1億2500万人。 ウィキペディア
時価総額
14.0 兆円

業績