新着Pick
108Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
端的に言えば見た目重視のコストダウン。
タッチパネルにしてしまえば、操作系を吟味して車種別に部品を用意する、という工程が不要になる。
だからみんなやりたがる。

スバルは先日、今はあくまで運転サポートに重視すべきという自動運転を否定されてるようなコメントを出す一方、運転中の操作メソッドとして最悪なタッチパネルに行くのか。
口だけか、と。

元スバリストとして暗澹たる思いになる。

それにしてもディスプレイにも操作系にも関係ない、インパネ成形技術を併記するこの記事って、一体なんなのだろう。

『こうした新車の動きを受け、富士経済(東京都中央区)は車載ディスプレーの市場規模が2022年に17年比68.0%増加すると予想。矢野経済研究所(同中野区)は、パウダースラッシュコンパウンドについて、レザーに類似した質感と成形性の高さが評価されて中高級車用インスツルメントパネル向け素材の代表格になっているとの調査結果をまとめている。』

〈追記〉
初稿時の文章を少し削りました。
スバルの主戦場は米国。ポジションとしてはBMWと同じグレードで、ただコスパがよく、その市場を取ってきた。Teslaもプレミアム領域をまた別のアングルから狙おうとしている。そういう意味では、競合を意識するという観点での動向もあるだろう。
デザインとしての変更意図もあるのであれば、その周辺にどういう素材を使うかも含めてのパッケージとなると思うので、どういう材料を使うかという話が出てくるのは個人的には違和感はない。
車載ディスプレイはこれから数年で大きく変わってくるかもしれない。ハンドル周りはよりすっきりとし、フロントガラス、大きなモニターが情報を分かりやすく伝える場所になってくるのかもしれない。
株式会社SUBARU(スバル、英語: Subaru Corporation)は、日本の自動車などを製造する重工業の会社である。 ウィキペディア
時価総額
2.37 兆円

業績