新着Pick
260Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ちなみに銀行ATMは、消費者の現金引き出しだけに使われているのではなく「売上金回収サービス」もキー(下記Pickをご覧いただきたい)。全部がキャッシュレスになっていけばこういうサービスも不要にはなるが、そんなに簡単には進まないと思う。
https://newspicks.com/news/2408775
銀行は店舗を減らし、店舗あたりのATMも減らしています。理由はシンプルでニーズが減ってきたから。即ちコストに見合わないからですね。これはジワ〜っと進むでしょう。

問題はコンビニです。店舗あたりの一台しかない多機能ATMはいつまで続けられるかですね。顧客の新しい困り事を解決する何かを探さないと、存在価値が薄れペイしないから止め、と一気になくなってしまうかもしれません。

新しい困りごとって何だろう?
ATMとレジの役割はすでに終わってるのでは?日本はデジタルトランスフォーメーションのもたつきでその命を長らえているにすぎません。やはく目を覚まして、次のステージに移らなければ世界に飲み込まれてしまいます。
たしかに海外だと無人レジが普及し始めています。
コンビニは場所取り合戦が激しい業種です。
レジを無くせればより商品が置けるようになります。
レジが消える日は近いかもしれません。
日本はまだまだ現金社会。
金額を抑えて、3万円までの小額ATMだけ残してけば良いのでは?
少子高齢化では、高齢者のキャッシュレス化が鍵。
レジはレジではなくサービスカウンターとして残ればよいのではないでしょうか。

宅配関係
公共料金
質問対応
アメリカや中国のキャッシュレスを考えると時間の問題ですが、まずはレジからでしょうね。

ATMは手数料商売ですから銀行からするとドル箱のため、まだまだ残りそうでしょうね。
コンビニは大きな自動販売機になるのだと思う。ただ、そこへの商品の供給は人間が行わなければならないと思う。
株式会社セブン&アイ・ホールディングス(英語: Seven & i Holdings Co., Ltd.、通称表記:セブン&アイHLDGS.)は、セブン-イレブン・ジャパン、イトーヨーカ堂、そごう・西武などを傘下に持つ日本の大手流通持株会社である。日経225及びTOPIX Core30構成銘柄である。 ウィキペディア
時価総額
3.47 兆円

業績