新着Pick
140Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ふくおかFGさんは地銀の中でも進んでますよね。
iBankも地域経済活性化のきっかけになっていると聞いています。
こういった動きがどんどん出てくると地銀経済のあり方も変わるんでしょうか。
ただ、日本ではチャレンジャーバンク、デジタルバンク的な発想(レギュレーション)がなく、銀行設立はコストが合わないように思います。
地域金融機関の生きる道はこれだと思っている。
地域経済の浮沈で業績が左右されることもなく、
顧客の所在を気にする必要もない。

ネットバンクの登記上の住所がたまたま地方にある
くらいのマインドセットで全国をカバーしたらよい。
その余力で「地銀」時代の「本籍」である地域への
貢献をした方がかしこいやり方だと思う。

地銀同士の合併はこれから10年間、独禁法の適用が
緩和されるが、不確実性は残る。
ふくおFGはそんなことも頭の片隅に置いているはず。
スマホアプリによるサービスをする、との報道。まだ詳細がわかりませんが、邦銀全体で預金はダブつき、「水と安全と決済はタダ」という認識の強い日本で、こうした決済アプリをどうマネタイズするのかが注目されますね。
面白いですね。銀行系ネット専業というと、(SBI住友信託は別にすると)じぶん銀行ぐらいだったのかと思いますが、インターネットバンクではなく、新たな箱を用意し、リーンなコスト構造を目指すということだと思います。とはいうものの、今の金利環境では預貸では稼げないので、証券・FXなども扱わざるを得ない気がします。どこで違いを出せるのか。長期戦でしょう。
今更感笑
株式会社ふくおかフィナンシャルグループは、福岡県福岡市中央区に2007年(平成19年)4月2日に設立された金融持株会社である。略称はFFGだが、上場銘柄としては「ふくおかFG」を用いている。 ウィキペディア
時価総額
4,035 億円

業績