新着Pick
304Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
コインチェック創業者2人のインタビュー後編です。事件からわずか1ヶ月ほどで、マネックスグループの傘下に入るという決断をして、36億円で会社を売却します。そこからサービス再開まで、果てしない長さだったようです。

仮想通貨ブーム時に、大きな存在感をはなったコインチェック、ビットフライヤー、ザイフといった、取引所の創業者たち。しかしビットフライヤーは金融業界から経営陣が送り込まれ、ザイフは(コインチェック事件後に)流出事件を起こして、創業者は姿をくらましました。

そしてコインチェックの創業者2人は、いま何に注力するのか。インタビュー後編です。
セキュリティについて質問がされていて、そこがポイント。個人的にはやはり成長を制御できていなかったという印象。というのは、社内体制ができていなかったり採用をしても時間がかかるということを認めている中で、顧客獲得のための広告とかを打っていたわけで。
そして「大義」という言葉が大塚氏から出ていたが、もう少し深く知りたいと思った(今後深堀?)。和田氏も今一番時間を使われているのが取り扱う仮想通貨を増やすことと言われている。匿名性とか改ざんのしにくさといった「特徴」はあっても、それがプラスにもマイナスにも出るなかで、ユートピアではない。仮想通貨を広げること、使われるようになることが、現場の第一線にいて絶頂期とどん底をど真ん中で経験されたお二人だからこそ、その大義・意義が何かを聞きたい。まだ模索をされている途中ともおっしゃられているが、少なくとも今見えているものは何だろうか。
当時のコインチェックの株主構成は、和田CEOが45.2%、大塚COOが5.5%、その他株主(法人5社、個人1名)が49.3%。

36億円でマネックスの100%子会社になっているので、和田さんは16億円程イグジットしている計算となる。

リスクを孕んでいるM&Aとはいえコインチェックの2018年3月期通期の営業利益が500億以上出ていることを考慮すると、極端に低いダウンラウンドでのバイアウトであることは間違いない。

売却後、和田CEO・大塚COOは執行役員として経営に参画しているようだが、PMIに関しても今後の連載の中でぜひ触れて欲しい。
2日間とても興味深いインタビューだった。もっと聞きたいというのが本音ですね。仮想通貨の世界で歴史に残る事件であるからこそ、この二人にはもっと多くのことを語っていただきたい。それが未来にもつながることだと思います。また、少し時間が経ってから、話せる範囲が増えてからで構わないので第2弾を期待したいです。
2週間でマネックス傘下入り。参加を決めたほうも、受け入れを決めたほうもかなりハードな決断だったはず。ビットコイン価格同様に一度地獄をみたことが強みになるのではないかと思った。
この連載について
2018年1月、仮想通貨市場を揺らがした、コインチェックによる約580億円分の流出事件。同社のサービスは一時停止し、仮想通貨ブームの終焉の引き金を引いた。あれから約1年半、共同創業者の2名が初めて揃ってカメラの前に立った。