新着Pick
754Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
何やらこの二人を称賛するコメントが多いようだが、私はどうかと思う。
--
580億円の被害を受けても、こうやって二人そろって同じ仕事を続けていられるんだから、被害に遭った後の運命としては幸運だったのだろう。顧客への被害は補償したとはいえ、犯罪者側に巨額の資金が渡ったまま資金洗浄されてしまい、未だに事件が解明されていないことや、その後の市況や関係者に与えた影響を考えると、こんな風にニヤけた顔でメディアに登場していることに、私は強い違和感を覚える。
--
1月26日11時のslackで残高の不整合を知ったというが、犯罪が起こったのはその11時間も前であり、犯人は深夜、早朝、午前中と何度も不正送金を繰り返していた。それに気づけなかったのは、専門業者として恥ずかしいことだと思う。動画の演出や編集の関係もあるかもしれないが、それらがまるでごく軽い失敗のように語られており、しかも二人が同じ会社で同じ事業を続けていることに、この業界の異常さを感じる。
--
週刊誌には、こんな報道があることも指摘しておきたい。
https://bunshun.jp/articles/-/10203
■「コインチェック」騒動の後始末 和田前社長が手にした大金はいくら?(文集オンライン、2018/12/30)
2018年1月28日、コインチェックから580億円分のネムが流出してから、1年半。それから表舞台にでずに、その責任と再建を進めてきた創業者2人が、初めてそろってカメラの前で「あの日」を証言しました。

衝撃的なのは、不正アクセスがおきる前に、すでに1兆円以上の預かり資産をもっていたこと。異様な仮想通貨バブルのなかで、「事業計画の10倍以上のスピード」でカネが動き、そのなかで何が起きていたのか。あの日を、振り返ってもらいました。

記者が投げかけた、「あの日、コインチェックという会社は消滅するとおもいましたか」に対して、二人の回答はYES。絶頂とドン底、その後の再建をみてきた2人のショートドキュメンタリーを、ぜひ御覧ください。
その割には随分甘々な管理レベルに対する意識と、コンプライアンスの欠如ですね。

不正アクセスがおきる前に、すでに1兆円以上の預かり資産をもっていたこと。

今こうして公衆の前に出てこれる状態に感謝し、謙虚になった方が良いかと…
面白い!当事者の生の声をこうして聞けるのは貴重。しかもテキストではなく映像で見られるのは有難い(事件当時の強張った表情との違いが一目瞭然)。

事件当時、当事者たちも「会社消滅を覚悟していた」との発言はやはり重い。インタビューの続きが早く聞きたい
これがMoleskineの動画広告だったらセンスやばい。
二人に対する厳しいコメント、おっしゃる通りだと思います。

一方で、彼らのような天才?が実力を発揮し、変革を起こせるようにプロの大人?がサポートする産業界であってほしいと思います。

プロとはなんなのだろうか?
ICOをコントロールできるのはIPOをコントロールできる証券系の会社だけ、という価値観を決定づけたという意味では意義のある事件だったかもしれません。

最近の流出事件を見ても、やはり一事業会社に、ましてやベンチャーにどうにかできるセキュリティレベルではないのだと感じます。
顧客資産を預かることは、責任を伴うとても怖いこと。それなのにいまだに仮想通貨領域ではそういうニュースをしばしば見かける。そのことについて、お二人はどう思われているだろうか?
あと、時計を戻せるなら、成長している時に顧客獲得をやめてセキュリティの優先順位をあげる意思決定をしただろうか?Yesであれば、成長は一種の麻薬的なものの中で自主規制団体たる業界団体などがすべき役割は何か、そういう観点を是非聞きたい。
ドラマなのか、ニュースなのか。
市場と事業の拡大に、自社の成長が追いつかなかった様子がよくわかります。
コインチェック巨額流出事件に関するインタビュー動画。
創業者2人の語りが当時の壮絶さを表しています。

仮想通貨バブルのなか「事業計画の10倍以上のスピード」で資金が動いており、2017年度の営業利益は570億。この時点でユニコーン企業ほぼ確定の数字。いかに凄いことかがよくわかります。


【マーケット占有率×マーケット成長率】で企業成長を考えた場合、
マーケット占有率は、企業戦略やパフォーマンスに依存しますが、マーケット成長率は全く別です。

想像を凌駕するほどマーケットが加速度成長した場合、それにつられて企業自体も量子力学的成長をするのだと理解しました。
この連載について
2018年1月、仮想通貨市場を揺らがした、コインチェックによる約580億円分の流出事件。同社のサービスは一時停止し、仮想通貨ブームの終焉の引き金を引いた。あれから約1年半、共同創業者の2名が初めて揃ってカメラの前に立った。