新着Pick
372Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
一般論です。ちなみにアメリカの対外的な交渉戦略には、「Good cop / Bad cop」というものがあります。

これは、一人が悪い警官役(Bad cop)で、相手方に厳しくいやな感じで交渉したり恫喝したりします。もう一人の良い警官役(Good cop)は、相手方に優しく包みこむように接し、相手方から「この人は善良な人だ・・。この人は信頼できる・・」と思ってもらえます。これらの役割分担の結果、相手方から良い条件を引き出し、自陣に利益をもたらします。

「Good cop / Bad cop」は、社内で事前に合意して役割を演じるチームプレーのロールプレイングゲームなのです。

なお、たいていの場合、一番偉い人から「今回は俺がGood copをやるわ。お前(部下)はBad copをやれよ」と言われて、ロールプレイングゲームが始まります笑
広報戦略として強い。
孫さんの本音がどこにあるかは分からないが、こういう発信をしても独立しているという一般的な前提ゆえに、意思決定は変えられないとも言えるわけで。
記者の方には「親子上場の企業を多く抱える中で、孫社長の発信を前提とするとグループとして考え方が統一されていないように見える点についてどう考えられるか?原則統一をされていないとソフトバンクGの連結としての経営に矛盾が生じないか?」といった質問でもしていただきたい…
確かに、同士的結合という言葉は孫さんが常々仰っている事ですね。

個人的な信条としてはその通りなのでしょうけど、あくまで今回の事は、ヤフー執行部の意思決定なので、介入すべきではないという事ですから、岩田社長の解任にはなんら影響しないという事ですね。

一部では孫さんに対してネガティブな記事もありましたが、それに対して回答をしつつ、一連の事象に対して直接的な介入にはならないという非常に上手い広報だと思います。
なぜ、今この発言をするのか? 本来なら、役員再任の否認投票をする前に発言するべきだと思うのですが…
今回は、Yahoo!Japanの最後の方の発言しかり、孫さんの今回の発言しかり、当たり障りのない話をしているようで、なかなか本音が見えません…
角井の考えは、いくつか、角井自身がテレビでコメントを出しているので、お目に触れると思います。
演技かかっているところが、今までの孫さんとは違う感じがします。
本来なら、ヤフー経営陣が岩田氏ととことん話しをして、落し所の想定をしておけば、ここまで大きな話しにはならなかったのではないでしょうか?
Good Cop /Bad Copをやるタイミングとしては、遅過ぎた感があります。
Moriさんが仰るように、先方の溜飲と世論かわしなアメムチ作戦なのか、本心なのか株式市場の反応をみつつ、見たい話。
でも、親子孫曽孫上場が大物経営者だかオールオッケーなわけではないので、冷静に今後をみたい件
株主、あるいは経営として基準を提示し執行は任せる、でも出てきた執行の手法には個人として反対する。
個別のガバナンスとしては正しいと思うものの、併せて俯瞰するとなかなかえげつない。。。でもそういうのを全部飲み込んで、完全に株式価値に振り切るのも、想像を絶する胆力でもあると感じます。
本音はどこにあるのかわかりませんが、孫社長、動きましたね。
独立性 VS. フィロソフィーの浸透 どちらが本質なんだろうか。
全て孫さんの手のひらの上であったら…と考えるとさすがとしか言いようがない。
アスクル株式会社(英語: ASKUL Corporation)は、東京都江東区に本社を置く事務用品を中心とするソフトバンクグループ系列の通信販売会社。 ウィキペディア
時価総額
1,774 億円

業績

ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、日本の携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連会社等を傘下に置く持株会社。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
11.4 兆円

業績

ヤフー株式会社(英称:Yahoo Japan Corporation)は、日本の企業。ソフトバンクグループの連結子会社。 ウィキペディア
時価総額
2.09 兆円

業績