新着Pick
107Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
悩ましいのは、製造業は不調でも、非製造業は堅調なこと。そして、製造業の不調は世界景気の減速が原因。果たして金融緩和が製造業の不調を解消することができるのでしょうか。
ECBは政策変更はしませんでしたが、先行きの緩和を示唆したことから、9月に緩和するのでは、との見方が強まっています。また、緩和に向け、フォワードガイダンス、国債や社債などの資産買入、マイナス金利の深堀(と、それに応じたマイナス金利該当部分の変更)と、さまざまな政策パッケージを検討するとあり、ここから9月会合まで、色々な予想が飛び交いそうです。

個人的には、超過準備の付利(マイナス金利該当部分)における階層化システムの設計に注目しています。いままで2層式だったECBも日銀にならって3層式にして、マイナス直撃部分を減らすのでしょうか!?
欧州圏の景気は悪化しているということから、金利引き下げを検討することになったECB。ドラギさんは危機感を感じつつも、あまりおおっぴらに悪いとはいえないディレンマ。

現在は、主要政策金利のリファイナンス金利を0.00%、限界貸出金利を0.25%、中銀預金金利をマイナス0.40%にそれぞれ据え置いたが、9月の会合でこれを引き下げる可能性を示唆した。

ブレグジットの影響があると考えているようだ。
マイナス金利がそうだったように、良い悪いは別として、次のECBの追加緩和、日銀がかなり参考にしそうな気がします。
米国だけでなく欧州も、利下げ、緩和の方向。
ただ為替は一瞬ユーロ安となった後ユーロ高に切り返したあとまた戻りほぼ行って来い。
ユーロ円は約3時間で120.25円→120.05円→121.1円と寄る21~24時ほどで推移し、今もほぼその水準
ECBの次の一手はどうなるか。財政出動が手段として限られているだけに、ユーロ圏での金融政策は重要です
世界が再び緩和トレンドへ。とはいえECBはどんな緩和策があるのだろう。かなりやり尽くしてる気がするけど。
だんだん日銀の金融政策の舵取りが難しいなっています。
これでまた円の価値が相対的に高まる訳か。