新着Pick
416Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
I cannot
I do not
I will not
I shall not
I would not
I should not

あ、あとNo関連でややこしいのはコレ

"Don't you like it? "
"No (I don't like it, in my opinion)."



"それ、好きじゃありませんか?"
"はい (好きじゃありません、アナタのおっしゃる通り)。"

なんですよねぇ こういう所も(自他の意見の扱い順という意味で)文化の差なんですかねぇ。ムスメ#1(小1)がココ引っかかってますねぇ、最近
日本語としてNoを言うのは確かに英語と違いハードルが高いですね。
英語では、Noの次が許容されているけれども(→妥協はネガティブな意味ばかりではないから)、日本語では拒絶と見做されて次がないと考えてしまうからかと。
意思を持って「断る」。なかなか日本人の文化的にも難しいですよね。
前提として如何に信頼関係を築けるかはあると思います。信頼関係をベースに「ノー」も含めて本音で意見を言い合えある職場や環境を創れると嬉しい。
「仕事でもプライベートでも、明確な線引きは必要だ。そのためにノーと言わねばならない場面もたびたびある。上司に対してノーと言えるようにしなければならない。」

「イエス」か「ノー」ありきの議論に聞こえますが、ビジネスでは状況はもっと複雑なので建設的な議論をする様に心掛けています。

代替案を出すことはいつも良くやっていますが、円満に議論を進めつつ自分の要求も通す良い方法です。
自問自答してとことん自分で考えることなのかなと思います。
自分の心に正直になれば、言うべき時なのかどうか判断できるように思います。また、そう言う姿勢が認められる時代だとも感じます。
日本語でも、英語でも「No」とは言わないですよね。

「No」というネガティブワードを使わずに、同じ意図を伝えるかがポイントです。

ですから「Noと言えるようになる」ための方法は不要です。(笑)
「Yes」か「No」をはっきり言って欲しい派です。
言えないとストレスしかたまらない
筋が通っていれば、ノーというのも難しいことではないですね。ロジックで納得する人が相手の時ですが。
アップル(英語: Apple Inc.)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く、インターネット関連製品、デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発、販売する多国籍企業である。2007年1月9日に、アップルコンピュータ(Apple Computer, Inc.)から改称した。アメリカ合衆国の主要なIT企業である。 ウィキペディア
時価総額
158 兆円

業績