新着Pick
179Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「国内ベンチャーDBのSTARTUP DBとCrunchbaseが提携し、STARTUP DBにCrunchbaseの情報が掲載される」とのこと。

海外のベンチャー関連DBだと、
Crunchbase以外にもPitchbookやCB insightなどが有名です。
しかしながら、どのDBも国内の情報はかなり不足していて使い物にならないので、別で国内DBを契約している方が多いと思います。

国内だとentrepediaが先発のサービスであり、現時点では最もdeal情報が充実しています。
一方で、今回提携したSTARTUP DBは後発で、まだDeal情報の欠落が多いように感じますので(利用料は無料)、今後どのようにサービスが展開されていくのか楽しみです。
確かに日本のベンチャー企業の情報はCrunchBaseに載っていないことが多いので、ユーザー的にこれは良いですね!日本はやっぱり言語的にもメディア的にもローカル色がかなり強いので、グローバルプレイヤーはこういった感じでローカルのプレイヤーと上手く連携しながらビジネス展開していくのは一つの選択肢。
CrunchbaseはTechCrunchが2007年にスタートさせた、スタートアップのデータベースで、2015年に約6.5億円を調達してスピンアウトした事業です。

シリコンバレーの投資家や創業者が頻繁にチェックしているサイトなので、そこに日本のスタートアップがアクセスし易くなったことの意義は大きいと思います。
ベンチャー企業データベースは業務でいつも使っています。アメリカでは数社が激戦を繰り広げています。それぞれ一長一短があり、クランチベースはメジャーサービスのうち一番安く、無料で使えるティアもあり、他の有料サービスにデータも提供しています。シリコンバレーの企業以外のカバレッジが弱いと感じていたので、日本のカバレッジが増えるのは良いですね。
去年シリコンバレーのVCで働いていた頃、CrunchBaseとCB insights を多用してたのを思い出しました。

日本ではコンサル時代にSPEEDAを使ってましたが、まだまだスタートアップの情報がまとまっているサイトはなく(そもそも情報量が少ないという話はありますが)、こういうサイトあればなーと思ってたので、今後の展開に期待です!
帝国データバンクでは、ベンチャー企業を対象とした上場意向調査として、今年4月に下記レポートをリリースしています。ぜひご参照ください。

【参考】新規株式上場(IPO)意向調査(2019年)
https://www.tdb.co.jp/report/watching/press/p190409.html
~IPO意向のある企業、前年比78社減の198社~
うちは思いっきりスタートアップサイドですが、見てみると掲載していただいていました。

こういうスタートアップデータベースのサービスは日本にもいくつかあって、どこもまだ頭を出せていないような印象があります。
理由としては日本のベンチャー村が小さすぎて、投資先を探しているVCにしてもオープンイノベーションしたい大企業にしてもプル型で十分案件が降ってくるので、プッシュしてまで取りに行くインセンティブがまだあんまり働いていないためかと思います。
うちも資金調達に動くときはVCさんからの問い合わせを待つみたいなことをするはずもなく、既存投資家さんに紹介していただいたり、ピッチイベントに参加したりして回ります。大概のスタートアップがそうだと思います。

ただ機運はちょっと変わってきていて、大企業側が「オープンイノベーションやります!」と告知をしても十分な応募が得られないようなケースもちらほら出てきているようです。
今までは需給バランスが悪かったという話なので、このバランスが逆転してくるとデータベースの価値が相対的に大きくなってくるはずです。
時流が巡ってくるのを待ちつつこつこつサービス運営しているところがあるとき一気に収益化にも成功するような構図になりそうです。
オープンイノベーション文脈で拡張していけば、大企業の予算を取り込んでいろいろビジネスチャンスはありそう。