新着Pick
670Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
昨日、香港でのRISEでPaddy氏のプレスカンファレンスに出席、取材しました。日本では、集中的に企業、メディア、政治家などと会ってきたとのことで、ずばり、日本についてどう感じているか質問してました。記事タイトルの「眠れる獅子」は、そのときの発言。

何か不思議なカリスマを感じる人物でした。そして、政治とテクノロジーの話題に、肩肘を張らずに、さらっと見解を言ってのける姿。といいながらも、会場やプレスビレッジにいるときは、普通のお兄ちゃん的な自然体。

書き言葉ではなかなか伝わらない「何か」を感じる人物ですが、森川記者が表現してくれたと思います。森川記者の東京取材と香港での私の取材をまとめて一つの記事にしました。

英語圏ではPaddy氏の知名度は高く、ファンも多い。ぜひ知っておいて頂きたい人物です。

RISEでは、15分、20分ぐらいのセッションが次から次へと、絵巻物をみているように、登壇者がでてきます。しかも、是非話を聞いてみたい、トップクラスの起業家、投資家、ジャーナリスト、巨大グローバル企業の幹部たち。

昨日は資生堂の魚谷社長が登壇。数百人は入る満席の満席で、「こうした話を英語できる日本の歴史ある企業の社長がいる」ということに聴衆は驚いており、評判のよいセッションでした(それほどに、大型国際会議で話す日本人がレアということ)。

本日、明日もRISEに参加します。

本記事の前編もぜひ。
https://newspicks.com/news/4036795
起業家というより、思想家。圧倒的な知識量と洞察眼でした。

日本の企業文化の歴史に、日米ハイテク摩擦の歴史をたどりながら解説する米中テクノロジー摩擦、そして日本のカルチャーの展開、そして、さらにはブロックチェーンの次の暗号技術まで。

世界のテクノロジーの現場を自分の目で見歩いてきただけでなく、古今東西の書籍、歴史を常に吸収しているコスグレイブ氏には、何かビジネスだけではない、知性への渇望を感じます。
日本人は、自分たちにないものを探すのは得意ですが、あるものを探すのは不得意なんだと思います。
隣の芝生は青い、という思考に落ち入りやすいのはよいと思いますが、そこから自分たちの芝生も青く感じるようにしていければと思います。
面白い視点を持ってる人がいますね。日本人はどうしても自分たちのことを自虐的に見てしまうのでこうした意見は大切にしたいものです。

*****
日本の土壌は、栄養分がたまりまくっています。ただ、いくつか必要な種がまだまかれていないだけなのです。
教育システムも世界レベルですし、先進的な製造プロセスの洗練度でいうと、世界で最も産業が集積しています。ロボットや、自動車製造がまさにそうですよね。
つまり、全てがそろっているのです。エコシステムがすでにあるのです。
ちなみに、世界のどこの国に行っても言われることの一つに、「うちの国にはスタートアップの歴史がなく、エコシステムもない」という内容があります。日本でももちろん言われます。それに対して、私はいつもこう答えています。
「ヨーロッパも同様の問題があります。ただ、世界の他の場所でもみな同じでした」
ただ、「水やり」さえしてあげればいいのです。欧州にユニコーンの数が40あるのに比べて、日本にはほとんど存在しないというのは、実は大した違いではありません。日本人にとっては、一番フラストレーションがたまる点なのでしょうが…
日本経済のモデルは「じっくりと開発に時間をかけ、他の追随を許さないもの」を創出すること。確かに、キメの細かさ、忍耐強さは日本人の持ち味ですね。

今から7年前に「ブロックチェーンは時代遅れのテクノロジー」と見切っていた、とはすごい。知識の豊富さ、洞察力の凄さには脱帽です。
マーケティングトークもあるかもしれないが、日本は日本だし、その特徴を生かしたエコシステムを作るべきというのは本当に。文化習慣や規制を含む雇用の流動性で劣る中では、スピードよりやり続けることで比較優位性(競争優位)を保てる領域に絞り込んでいくのは良いと思うし、それはBtoBの領域は特に少なくないと思う。

ただ、そのなかでカンファレンスについての言及は気になる。触れる場がなければ学んで取り入れることもなかなかできない。またそれはカンファレンスに限った話ではなく、異なるものの受容性自体に関わる話だと思う。
例えば日本で「洋食」という日本化された外国の食事が時間をかけて日々の生活に溶け込み、それ自体が元とは異なっても美味しく一つの料理形態として成立しているように、元々の特徴を生かしながら取り入れて変わっていって進化をしていけるか。

『──あなたは、欧州・米国だけでなく、アジアでもイベントを成功させていますが、欧米企業がアジアで成功するのは簡単ではありませんよね。
はい。特に日本には、万里の長城のようなファイアーウォールがあると言われていますね(笑)。』
アメリカは、ハードウェア生産をほとんど海外にアウトソーシングしてきました。アメリカ経済の大きな割合を、実際には中国が占めています。中国は「キミたちは勝ったつもりでいるかもしれませんが、勝っているのは我々です」と思っているはずです。
この記事、めちゃくちゃ面白いし共感します。いいね数が少ないですが、これが読まれないのは損失なので、運営の方々、リコメンドロジック見直した方がいいです!
30年前、中国は眠れる獅子と言われていましたが、いつ起きるのか、本当に起きるのか誰もわかりませんでした。
しかしITの発達とともに急成長して獅子どころか超大国になろうとしています。
日本は本当に寝ているだけなのでしょうか。寝ているだけなら早く起きてほしいです。
これだけインターネットが普及しても、15億人がビジネスイベントに足を運んでいるという事実から、そのイベントをどう設計するか、めちゃくちゃ重要になってきてますね。個人的にはHR系のイベントは外部からもっと上手くやる為の機会を作れる気がしています。つまりはもっと外と作りにいったほうが良いですね。
時価総額
28.8 億円

業績