新着Pick
338Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
きっとショッパーだけでなく、ヒートテックが入っていたプラスチックの袋も全面的に変わっていくはず。グローバルな大企業が率先してやらなければならないほど、海外では厳しい環境になっている。
ショッパーなんかより、主力タイトルの大半がプラスティック及び石油化学製品な点が心配。欧州の規制などはリスク甚大ですよね。
環境問題の件でいつも疑問に思うのは、日本ってなんか損してない?って事です。この記事はプラバッグについてなので、ペットボトルについては横に置きますが、少なくとも都内においてはプラスチックゴミは可燃ゴミです。そしてゴミ処理場では紙でもビニルでも問題ないように高熱で処理して、有毒ガスは除去した上で煙突から排出ガスを放出しています。さらには燃やした時に発生する蒸気は発電利用までしています。海外ショップはいざ知らず日本で有料の紙袋にする意味ってなんなんですかね?ゴミ処理場の設備だって税金で作ってるわけですよね? CO2の排出目標だって、そもそも日本は省エネ化が進んでいたのに、合意した時点の排出量を基準にそこから何%と言う目標設定されて….それまでの企業努力はなんだったのと…
意図的に力を削がれている。
もう、お人好し日本人はやめよう。
プラスチック製の消費を減らす、紙製へ代替する、という流れではなく、「過剰な消費を手放す」方向へ向かうと良いんですけどね。

結局、洋服を作って、「セール」で売って、家庭内在庫を増やしたところで問題の本質的な解決にはなりませんからね。
様々な企業が打ち出しているプラスチック削減。正直なところ、消費者に受け入れられるための方便・マーケティングの側面もあると思いますし、実際にどれだけ効果あるの、という指摘も最もだと思います。

ですが個人的には、やらないよりはやった方がいいと思いますし、こういった動きを機に世論が盛り上がること自体に意味があると思います。こんなものでは微々たる効果しかないのだとしたら、世論が盛り上がってくればさらに抜本的な削減施策につながるかもしれません。

一時的なブームで終わらないよう、消費者が関心を持ち続けることが重要ですね。
話が逸れて恐縮ですが、タピオカドリンクを飲んでいる口径が大きいストローは、プラスチックごみによる環境汚染への影響は少ない(流行ってはいても市場はアパレル・スーパーより小さいという観点から)かもしれませんが、毎日のように手にしている姿を見かけると、気になってしまいます 苦笑)
もちろん企業の考え方によって差はありますが、環境に良いアピールできつつ今まで消耗品だったものが単価アップツールになる事をポジティブに受け取る企業さんも多いです。
ようやくサスティナビリティに関する取り組みが始まりました。年鑑13億着を販売する規模で実現するのは本当に大変だけど、きっと理解してもらえると思います。無印良品は既にバッグ廃止していますね。
ユニクロの無人レジで一番大きなレジ袋をザバザバ取って帰る人を見た。紙袋になったらもっと被害がでかくなりそうな。。。
ファーストリテイリングのレジ袋も紙袋でかつ有料になるのですね。
今後はスーパー、コンビニだけでなく他の小売店に行く場合にもエコバック持っていた方が良さそうですね。
株式会社ファーストリテイリング(英語: Fast Retailing Co., Ltd.)は、株式会社ユニクロなどの衣料品会社を傘下にもつ持株会社である。東京証券取引所第一部上場。世界のカジュアルの企業の中での売り上げは第3位である。 ウィキペディア
時価総額
7.37 兆円

業績