• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

広告は見るものから「遊ぶ」ものへ。ゲームと融合する「Playable Ads」のインパクト

264
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


注目のコメント

  • badge
    フェリス女学院大学/ 二期会 教授/ 声楽家

    商品起点から顧客起点に主語が変わっていく中で、広告も商品を伝えるためのものから、個人の体験の中にうまい具合に入り込んでいくものに変わって行く。
    Playable Adは、Adというよりゲームとして上質なものだけが残り、大成功を収めるんだろうな。


  • コンサルティングフォーム マーケティングコンサルタント

    今年のカンヌライオンズでは、ソーシャル&インフルエンサー部門でのグランプリがウェンディーズがゲームでしかけた作品だった。

    世界中でブームとなったフォートナイトとコラボレーションし、ウェンディーちゃんがあらゆるバーガーショップの冷凍庫を壊していくゲーム。(ウェンディーズは冷凍肉を使用していないことを訴求)
    ウェンディーズはTwitterの面白さも話題だが、そういった人が魅了されるコンテンツにのっかって何をしかけるかというのは重要な視点


  • Advertising Agency SNSマーケター / 著者 『SNS変遷史』など✏️

    このあたりは僕も注目しております。ソーシャルネットワークとゲーミングの接近。こう書くとソシャゲですか的な話にもなるわけですが、スマホ環境でまた違うコミュニケーションのかたちが生まれてきてるようにも思っていて。どこかで論考まとめられたら。
    “フォートナイトなど、ソーシャルネットワークの要素を持つゲームも増えており、eMarketerの予想以上にソーシャルメディアからゲームへのシフトが進む可能性も大いにあるだろう。”


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか