• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

プロのスタイリストが自宅のクローゼットを編集する新サービスが登場、ショッピングアテンドも

146
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


注目のコメント

  • ブランディングテクノロジー(株) CMO/マーケティングトレース主宰

    想定ターゲット層:世帯年収800万円以上のお金に余裕がある層

    自分磨きのセミナーに数十万払っている人にとっては、そこまで高いと感じないし、捨てる、買う、コーディネートするを一気にできるのは価値を感じると思う。

    ミニクラ(だれもが箱単位で倉庫を持てるクラウドストレージ)と連携したら、ニーズを掘り起こせそうな予感もする。

    物や情報が溢れている時代は、編集はサービス価値につながるのだと考えています。
    断捨離も一つの編集。


  • badge
    アニマルスピリッツ Director

    2つビジネスモデルが考えられますが、
    ①スタイリストがコーディネートを提案し、定額レンタル/購入さるEC的なビジネス
    少し前に流行った印象がありますが、
    提案部分が人海戦術的だとマネタイズに苦労している印象があります
    (海外で上場しているSTITCH FIXは、デザイナーに加えてAIのレコメンドエンジンを組み合わせることにより、
    売上総利益率45%という高利益体質を作ることができています)

    ② 家元制度的な協会ビジネス
    昨今話題になっている片付けコンサルタントの「こんまり」さんのビジネスモデルは、
    ・自分のメソッドを教えるコンサルタントを養成
    (この時養成フィーをもらう)
    ・養成したコンサルタントが稼ぐ売上の一部をロイヤリティフィーとして徴収
    として効率よく収益を上げています

    単純に一対一で人海戦術的にコーディネートから一歩工夫することで収益化することが必要です


  • NEC マネージング・エグゼクティブ 戦略コンサルティング・リーダー

    このような、実地・エッジでの
    人によるサービス、接点は
    他のサービスへつながりそうですね。
    売ったり、倉庫、ここにあるアテンドもそうですが、ブランド連携ほか
    アフターフォローでのRIZAP的サービスなど。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか