新着Pick
106Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
“もう一つ私たちがラッキーだったのは、マークがFacebookの支配株主だったことです。おかげで私たちは長期的な戦略を維持することができました。当時は上場したばかりで、短期的な業績や広告の実績は、多くの投資家を落胆させたと思います。”

さりげない語り口で、思わず読み飛ばしてしまいそうですが、モバイル移行の間、株式市場からのプレッシャーは本来、相当のレベルだったはずです。

フェイスブックの上場時の2012年5月に38ドルだった株価は、3ヶ月後の8月には18ドルへと、半分以下に落ち込んでいました。上場時の株価に戻ったのは、さらに1年後の2013年8月になってからです。(そこからさらに6年近く経った2019年7月時点の株価は200ドルを超えています。)

そのプレッシャーに耐えられた理由を「マークがFacebookの支配株主だった」からと述べています。あまりにもさりげないため、株式の51%を過半数を保有していると誤解してしまいそうです。

実際には、Facebookの株式は、A種株式とB種株式の分かれており、B種株式は1株で10票の議決権があります。そして、2018年時点でもマーク・ザッカーバーグはB種株式の79%を保有しているため、議決権全体の53%を持ち、「支配株主」となっているのです。

https://www.investopedia.com/articles/insights/082216/top-9-shareholders-facebook-fb.asp
未来の物を売るほど難しい営業はありません。
「一年後にスタンダードになります」
「じゃあ一年後に買うよ」
となるのですから。facebookのモバイル移行は本当に大変だったと思います。でもその後に続くスタートアップにとって勇気を与えてもくれました
この連載について
各界にパラダイムシフトを起こしてきたイノベーターたちは、どのような生い立ち、人生を送ってきたのか? その深部に迫ることで、イノベーションを起こす源泉をたどる。