【図鑑】中国のZ世代「男女別マストアプリ」10選

2019/7/2
▶男性編
▶01 つい先月、ユニクロと米ニューヨークを拠点に活動するデザイナー「カウズ(KAWS)」とのコラボ商品が発売され、中国各地のユニクロ店舗で狂ったような奪い合いが起きたことが報じられたばかり。
14億人の中でも“特別感”を得たいからか、「限定版」のファッションを身にまとうことは、中国では一種のステータスだ。
なかでも沸騰中なのが「スニーカー熱」。服に比べて限定版が多く、高値で転売されてもお金は出し惜しまない。
その勢いたるやすさまじく、このアプリを提供する「上海识装信息科技」の企業価値は30億元(約450億円)と、ポテンシャルユニコーンになっているほど。