新着Pick
34Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
政治学者のロバート・パットナムは、アメリカの社会の共同体が消滅し、孤立化が進んでいることを問題提起し、市民共同体の再構築を訴えた。依存症は、孤立から生じる。
対岸の火事ではなく、日本も同様の問題を抱えている社会として、共同体の再構築をどのように図っていくのかが問われている。
opioid にも直ぐに打つ手はもうないのですか?

「残念ながら、米国ではこの問題に関する今後の見通しは明るくない。」
絶望死なのかどうかは別にして、確かにアメリカの男の自殺率は、2000年17.9→2016年23.6と増えている。
絶対数が多いのか、もともとが少なすぎたのか、他国との比較などがないとわからないなー