新着Pick
335Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
定時の吉高由里子さん始め多くの女性がモヤモヤ。

「身近に働く女性やお母さんたちがいますが、誰でも働きやすい環境ができればと、強く願う場面は少なくありません…。」

同時に「働く"お父さん"」についても気になります。
(男性の子育てと仕事のバランスやモヤモヤ??)

"働くママ"や"ワーママ"というワードが、"働くパパ"というカテゴリーがないのに、あるように、どちらも普通にしていきたいですね^_^

職種によりますが、"もしかして認識すらしていない男性のモヤモヤ"も解決し、
仕事命!もよし、家族との時間の確保もよし、他にも色々もやるもあり!が、優劣ではなく、自分のチョイスならどれありな社会にどうやったらできるか??
確かに、自分の人生をコントロールできない不安を抱えている女性は多いと思います。
しかし、コントロールできるような環境をつくれたとしても、これまで及び現在の周囲の環境などによって、自分の中で築かれている「価値観」により、経済的な観点や自由度とは異なる点より不安を抱えルことになっていると思います。
>自分の人生をコントロールできない漠然とした不安を抱え続ける

市場価値は、自分で作るものではなく、社会の価値観から評価されるものです。
日常生活において、自分の市場価値の目減りを感じてしまう場面が多々あるのだと思います。
自分の思い込みではなく、実際に市場価値が目減りする、そのような社会になっているのは紛れもない事実だと思います。
日本社会の価値観を根底から変えていかないと、働く女性のモヤモヤは解消されないと思います。
>さらに、自分の思い込みで「市場価値の目減り」を心配して悩む人もいます。
内的要因と外的要因は時代と共に変化しているので、身を置く職場や家族など周囲の環境によっては、あまり感じなくなってきていると思います。
生物学的な特徴による要因は、それ単体というより他のモヤモヤとの組み合わせにより、影響として大きく現れると感じます。
経済的要因は根深く、不安の芯になりうるのに抜け出しにくいので、そのうち根気がそがれ自立を諦める展開になると思います。
働く女性の「モヤモヤ」は、生物学的な特徴による要因、外的要因、内的要因、経済的要因から成る構造問題だということを提示してくれたLib松本社長。どの要因にも納得の根拠が示されます。ただ、モヤモヤは自分のせいではないとはいえ、そのモヤモヤに真剣に向き合い、モヤモヤを我慢して付き合う、早期に解決できる問題ではないと腹をくくることも大事なのかなと感じました。そうではないと、結局は、「自分の人生をコントロールできない漠然とした不安を抱え続ける」ことになるのではないか、と。と自分を慰めながら、私も永遠にモヤモヤしています(笑)。
私の実家河口湖の隣には朝霧高原があります。ここは静岡側の暖かい空気と富士山の冷たい空気がぶつかり「もや」ができることで有名です。産業医として女性ともよく面談しますが、仕事と健康、結婚など異なる価値観が自分の中でぶつかりまさに「もや」ができているような方に多く出会います。

もちろん全てがゼロになるのは難しいですが、社会として会社として出来るだけ女性のキャリア観の霧が晴れるようになれば良いなと思います。この分析はもっと広く発信していった方が良いですね。
結婚、出産、育児、介護。そういったライフイベントはもとより、それを取り巻く環境自体が変わり始めている今日この頃。働く人、個々人のバックグラウンドが違うからこそ、理解が必要に。多様性には包括性や求心力が必要になりますね
経済的な要因でおきるモヤモヤ。これは男性にもいえることです。経済的な問題を抱える人は多く、それが原因で仕事の生産性が落ちるということも。

そのため、欧米では給料の即時払いや前払い(働いた時間だけ給料日前にもらう)というサービスが生まれています。日本にも出てきました。

経済的モヤモヤを解消する方法としては、ギグワークという手もあります。空いた時間だけ副業する。働き方改革でモヤモヤをなくせるかもしれません。
内的・外的要因は社会の文化や雰囲気が育ててしまっているのでなかなか変われませんが、このような認識が自分も組織も女性の活躍に勝手なキャップをかけて経済的要因を巻き込んだ悪循環に陥ってます。

女性は~、男性は~なるステレオタイプな認識はまだまだありますし、性に注目していなくても、特定の価値観を要求している場面は多々あります。

本当に人を活躍させようと思っているのであれば、押し付けではなく対話が必要なのですが、女性活躍も働き方改革も上からの押し付けになっていることが多々あります。本質的なところから必要性を理解していないことが深刻です。
4つの要因へのグルーピングは納得。分かりやすいですね。
ただ得てして、女性はその要因を排除して欲しいのかというと、意外とそうでもなく、吐き出し、聞いてもらい、共感して欲しかったりするので、拙速に解決策を導き出しても、新しいモヤモヤが生まれるだけだったりしますね。
これまで外的要因(環境)に恵まれ、内的要因としても特に価値観を植え付けられなかった経験から、女性としてのもやもやを感じたことは社会人としてほぼありません。どちらも影響はあると思いますが、生まれ育った環境に起因する内的要因は家庭環境や教育を通じて次世代に繋がる話だとすると、こちらのほうが根深いかもしれません。
この連載について
独自の視点と卓越した才能を持ち、さまざまな分野の最前線で活躍するトップランナーたち。これらのイノベーターたちは今、何に注目し、何に挑んでいるのか。毎週2人のイノベーターたちに、さまざまなテーマで大いに語ってもらう対談企画。