新着Pick
632Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
良い会社にはこういった採用のストーリーやドラマが多々ありますよね。あたり前ですがとても優秀な方って自分から転職活動するのはごく稀なので、基本的には口説きにいかないといけないし、特に重要ポジションはトップ自ら動く必要があります。この規模の会社になってもトップ自らやっていることが会社の競争力になりますよね。

「我々は普通の日本の企業より、3倍から5倍ぐらいスピードが速い。今の中国もスピードが速い。我々は、中国の顧客のスピードに応えることができます」
これは中国だけじゃなく海外でビジネスをやる上で重要だと思います。
カリスマ経営者として名高い永守会長のあとを継ぐって、どんな感じなのだろう。これまでの成功を大いに永守氏に依存してきたなか、「ポスト永守体制」をどう構築していくつもりなのか。
率直にぶつけた疑問のひとつひとつに、丁寧に答えていただきました。
吉本社長はとてもロジカルな方と聞いていましたが、「株価下がったのは、社長変わったからちゃうん?とか言われると、プレッシャーですよね」と話したり、永守氏との出会いを思い出している姿はとても人間味に溢れていました。
日本電産の特集は本日が最終日です。5日間お付き合いいただき、ありがとうございました。
優秀な経営者の構成要素の一つ、採用力。
これが出来ない経営者の会社は伸びない。
何年もかけて口説くパタンもあれば、この場合のように即決も。
しかし採用されたあとは本人の力。

起業も大変だが、後継社長も質は違えど本当にしんどい職業です。
日本のオーナー経営大手御三家うちソフトバンク、ユニクロファストリいずれも後継に失敗しているが、ぜひ成功しロールモデルを築いて欲しい。
10兆円の「ホラ」のなかで、モジュール化・プラットフォーム化に注力をしにいくようになっている「算数」が明確。
『今の製品ラインアップだけでは、シェア100%を取ったところで、10兆円には行かない。じゃあ、どういうふうに広げていこうか。』

そして、吉本氏が話されているのを直接聞いたことがない中で、下記は個人的には人となりが伺えて目を引かれた。
『社長という立場は孤独なので、構われているほうがうれしい。たまに会長がしばらく我慢していて、久しぶりに「おーい」と怒られると、むしろうれしくて。力をもらえるような気もします。』
『私自身、あまり器用な人間ではないので、とにかく当たり前のことを、当たり前にやってくるのが信条でした。そこは永守会長と波長が合っているようです。何か「魔法」を教えてもらって、急にこれをやれということではない。当たり前のことを、もう一回当たり前にやる。ただ、諦めない。できるまでやる。』
吉本社長のこの謙虚なコメントに好感が持てます。人間味にあふれていてステキですね。

『だから、私も一生懸命勉強しようとしています。先方と会議するときは、私もずっと横にいて、永守がどういうポイントで見ているかを学んでいます。いろんなことがあるとき、こういう判断をしていくんだと。ただ、これは一朝一夕には学べないので、食らいつくようにやっています。』

カリスマ創業経営者の次世代を起用するというのは本当に難題ですよね。ホンダもパナソニックもしくじっていますし、最近ではユニクロもスムーズには行っていません。

そりゃそうですよね。創業経営者は、そもそもが引退する気、後継者にまかせる気なんてないんですから。

でも、京都企業独特のDNAを持っている日本電産には期待しちゃいます。
コレが長年赤字だけど投資し続けた車載事業の話ですね。カリスマの功績は短期的思考に陥らないこと。サラリーマンの集団指導体制ではできない。ポスト永守ではどう突破するのか?
"1995年にほぼ素人の状態から車載事業に参入した際、一番難しい「電動パワステ用モーター」から始めた"
永守さんの採用力、タイの日産自動車の社長をやっていた吉本さんをもくどく。
==================-
その後、私は夜行便でタイに戻りました。朝起きたら、永守直筆のメールが来ている。
面談の後、普通なら「今日は、ありがとうございました。また、追ってご連絡します」といった、秘書が書いた機械的なメールが来ますよね。
でも、永守が自分でガーッと書いたメールが来て。「君みたいな若者と会ったのは初めてだ。力が欲しい」。そんなことを言われたのは、初めてでした。
それで、心が動いたんです。2014年11月のことでした。日本電産に入社したのは、わずか4カ月後の2015年の3月です。
普通に考えて、無理ですよね。タイで社長をしているわけだから。でもやっぱり、この仕事を受けないと、一生後悔するなと思ったんです。
随分前に永守さんに一橋の大学の授業に来ていただきました。その時に一番難しいことが「社長選び」で3人に1人しか当たらないと仰っていました。社長になられて1年経過、永守さんの合格点をクリアされたようです。今後の益々のご活躍を期待したいと思います。
かなり赤裸々な内容で面白かったです。会長と社長の役割としても思った以上に明確ですので、それが良い形で成長に繋がるか凄く楽しみですし、是非バトンタッチが上手くいって欲しいなと思います。
日本電産の後継候補は最終的に3名にしぼられていたと聞きます。そこから選ばれるのはすごいことです。
キャリアパスの確率だけでいったら起業してIPOするのと同じかもっとすごいことです。

大企業でカリスマの傘を支えた上でキングダムを引き継ぐ。
このすごさをベンチャー側もよく理解した上で、大企業からベンチャーへの理解を仰ぐことがオープンイノベーションなるものの第一歩と思う次第です。
この連載について
日本を代表する名経営者、永守重信が築いたモーター企業である日本電産。パソコンの普及とともに成長してきた同社だが、次なる戦場は「電気自動車」だ。猛者が集うこの市場で、いかに戦っていくのか。永守のお家芸であるM&Aの極意や、カリスマ創業者後の体制を占いつつ、ベールに包まれたモーター企業を紐解く。
日本電産株式会社(にほんでんさん、英語: Nidec Corporation)は、京都府に本社を置く日本の電気機器製造会社。 ウィキペディア
時価総額
4.79 兆円

業績