新着Pick
454Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「既存商品を新規顧客(用途)で売る」という発想は昔からあり、レトルトや真空でのEC参入も数年前非常に多かったです。ただ横展開するだけでは市場も小さくかつユーザーも購入する大義名分少なく、結果的に撤退した企業も多いです。(主題とそれてすみません)
災害用の非常食という理由で売れているのであれば、早晩売れ行きは行き詰まります。

「非常食として牛丼缶詰」が欲しいと考えている人の多くが買ってしまえば、消費期限経過か災害が生じない限り需要がなくなるからです。

それでも、一定のロットの商品を高額で売るという目的かもしれません。

ちょっと違うかもしれませんが、数量限定発売みたいなもの???
発表当初は値段の高さばかりが注目されていましたが、売れているんですね。意外ですが、気持ちは分からなくもないです。災害時の非常食目的に買っている人も多いと思いますが、酒のつまみ目的の人も多いのではないでしょうか。量と言い、値段と言い、味付けと言い、何よりも缶を開けて食べるというUXが、いかにも酒のつまみとして相性が良いように感じます。
割高な料金体系をあまり狙わず出す事でこの手のものはちょっとしたギフトとか手土産で買われるなど消費者側が用途を決めてくれるパターンも往々にしてありそう
高く売れる事と利益が上がる事は
別だと思う。
この記事でも、値段は小ロットのせいと
有る。

大切なのは利益だと思う。
災害用であるという点と牛丼以外に6種類の味を用意しているという点が、牛丼の缶詰の「売れている理由」ということになります。
なぜこんなに割高なのに注目されるのだろうと思っていました。
確かにこの記事で指摘されている点には納得してしまいましたが、別のご意見の方もおられそう。
買ってみよう❗️

業績