新着Pick
269Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
あらためてこの離婚の経済的インパクトに驚きます。そしてその裏にあるAmazonの成長と創業者が持ち出せるStakeの大きさに驚かされます。
ジェフ・ベゾスは資産額に対して社会貢献に回す割合が少ないと批判されてきたけど、奥さんのマッケンジーはビル・ゲイツのギビングプレッジに参加し積極的に活動するという対照的な道を選んだ。個人的には宇宙開発始めサイエンスに個人資産投じるスタイルも好きだけど
死亡時の寄付の約束であれば、私もしてもいい。
しかし、130億ドルの10万分の1が限界??

リスクを追求して大成功した起業家の元妻とはいえ、
得られるリターンが大きすぎるのではないか。
リスクの大きい起業家の成功した時のリターンがそれなりに大きいことは社会的に必要だと思うが、ここまでリターンが大きくなくても、起業のモチベーションがなくなることはないと思う。

「生前または死亡時に資産の半分以上を寄付することを富豪に呼び掛けている。これまでに204人の富豪が署名している。」
素晴らしいな!>この慈善活動は、著mウォーレン・バフェット氏やビル・ゲイツ氏と妻メリンダ・ゲイツ氏が始めた「ギビング・プレッジ」で、生前または死亡時に資産の半分以上を寄付することを富豪に呼び掛けている。これまでに204人の富豪が署名している。
アメリカと日本の離婚をすることに対する感覚はだいぶ違いますが、それでもマッケンジー・ベゾス氏は、一女性として離婚で傷ついたと思います。
この寄付によって、彼女が自分の人生をポジティブに受け止められれば良いなと思います。
マッケンジー元夫人に代わって政府が税制を活用して制度的に行うと、役所批判や天下り批判が起こり、自分の首を絞めることになるのです。
離婚に伴い受け取る370億ドル(約4兆円)の半分以上を慈善活動へ寄付すると明言。海外ではこのような動きが非常に多い。

下記がマッケンジー・ベゾス氏の声明
https://givingpledge.org/Pledger.aspx?id=393
そして、下記がジェフ・ベゾス氏の反応
https://twitter.com/JeffBezos/status/1133366998874804224
今回の件に限らず、慈善活動への積極性はなぜ生まれるのか。そのメカニズムを知りたいと思いました。日本の制度設計やNPOの事業設計への示唆が多くありそうで(すでに研究され尽くされてるテーマかもですが)。
これでまたAmazonの価値や名声が高まり、株価が上がり、結果的には誰もが幸福になる流れですね。
どうあれ、自ら手にした多くのお金をいかに使うかで、人の考え方がわかってくる。社会から頂いたものを社会に返す、素敵な閉じ方だと思う。
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database (IMDb) などを保有している。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、GAFA、またの一つである。 ウィキペディア
時価総額
95.9 兆円

業績