新着Pick
1228Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
昔からメモをするのは好きな方ですが、その最大の目的は頭の中から、中途半端な情報を吸い出すこと。残っていると気持ち悪いです
"何かが頭の片隅に残り続けている状態は、思っている以上にエネルギーを消耗するものです"
前田さんのメモの魔力も然り、まるきり真似るのではなく自分ルールを決めるのが有効だと思っています。僕も常に最適解を探していますが、自分に合う形はその時中心にやってる事で変化するし、色々試しながら模索してます。

最近はiosメモにApplePencilで手書き/iosメモに手打ち/リマインダーに手打ちなど試験中。
学習障害の診断を受けるほど集中できなかったというキャロル氏。そこでご自分で学びのメモ術を編み出したというストーリーがすごい。バレットジャーナルのコミュニティが存在することも驚き。ユーザーの皆様とともにサービスを育てるという文化はそこかしこに!
ライダー・キャロルの「バレットジャーナル」。これに出会わなければ、NewsPicksオリジナルノートを「ロイヒトトゥルム」で作ることはなかった。
https://newspicks.com/news/2646487/

BULLET JOURNAL (LEUCHTTURM1917)
http://bit.ly/2JMUpf7
自分の脳を整理する手法に悩んでいる人は多いはず。
中には学習障がいと診断されるケースも。

ハード面ではなく、ソフト面=ノートの取り方からアプローチしているのが興味深い。
パレットジャーナルでは、スケジュールとTODOが一箇所にまとまっている点がポイントです。僕も昔から自己流で同じようなまとめ方をノートに書き残してきましたが、より体系的に整理できそうなので、チャレンジしてみようと思います。
個人の仕事術は才能を拡大してくれると思う。私はGTDを長く愛用しているが、なんでも箇条書きにするあたりは共通しているところもありそう…
ちょうど『バレット・ジャーナル』を読み始めたところでタイムリーでした。

少しアレンジしながら始めてみて、個人的には「!」が意外に目立って役立っています。
この連載について
独自の視点と卓越した才能を持ち、さまざまな分野の最前線で活躍するトップランナーたち。これらのイノベーターたちは今、何に注目し、何に挑んでいるのか。毎週2人のイノベーターたちに、さまざまなテーマで大いに語ってもらう対談企画。