新着Pick
2134Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
資金繰りよりも、「人繰り」が難しくなっている時代。
働きたい人と、働いてほしい企業をマッチングするビジネスは全業種で必要とされています。
その中で、紹介フィー形式ではなく、月額1980円のサブスクリプション型で、「全体の7割である一人親方は、無料でサービスを利用できる設計」というのは、建築産業の構造にも合っている仕組み。

パズドラがヒントになっている、というところがおもしろい。
ソーシャルゲームに学ぶことは多いです。
私の地元の北九州はとにかく建設業の友人が多く、お酒を飲んでいると電話で席を外した後に、「うわー、来週仕事になった」と嘆く姿をよく目撃します。

その場ではなんだか大変そうだと思いながらも、そもそも多くの人が毎週、平日は仕事なので、「来週、仕事になった」の意味がよくわからず、ずっと疑問に思っていました。今回の取材で、その意味するところを、スッキリ理解できました。

普段は自分の周りの世界のことをどうしても世の中のスタンダードだと勘違いしてしまいますが、地元に帰れば、職人が圧倒的にマジョリティ。最近、自分の常識に浸りすぎているなと、反省しながら原稿を書きました。
まず助太刀という社名にノックアウト。カッコいい。
建設業界にメスでなく刀を差し、ぶった斬る、これからが楽しみ。
コメント欄も含めて、見ていただきたい記事!
建設はアップダウンも大きいし、記事にあるように個人事業主含めた分業・重層構造。大手はその構造で受注が変化しても変動費的に下請けを活用しているともいえる。だから、逆に今のようにタイトになってくると、人繰り・賃金アップも起こる。
マッチング効率を上げる可能性がある市場だが、業務の違いとか受発注フロー、それが本当に使われるか実際に肌感覚として持っていないと難しく、そこをやったのがすごいところなのだろうと記事を見ていて思った。

分散して重層的で、負がある業界で、反対されてもプラットフォーマーを目指した企業だと、MonotaROやラクスルを想起する。上手くいくかは分からない中でやることは本当に大変。
中小分散をプラットフォームで効率的にというのは下記のCADDiも。どちらも上手くいくかは分からないが、BtoBのこういう見えにくい・手がけられにくい領域の課題解消は、個人的に超ワクワク。
https://newspicks.com/news/3618203/
助太刀はビジネスモデルとして非常に優れていると評判高いです。これまでマッチングサービスとは全く無縁だった巨大な業界で一人勝ちしています。

類似しているケースがアパレル業界です。アパレルは中小企業ばかりなのでIT化が非常に遅く、それにZOZOは目をつけて成功しました。

やらなければいけないことをやるという宿命めいたものをイノベーションには求められますが、儲かるからやるというロジックも忘れちゃいけないなぁとつくづく思います。
これは伸びそう
建築現場の破壊的創造が助太刀によって起きています。現場を熟知している我妻社長ゆえにこのサービスが生まれた。現場のニーズを知らないとアプリに落とし込めない。

ビジネスモデルもよく考えられている。発注者に課金するサブスクリプションだが、1人親方は無料。「フィーを抜くと2回目以降は電話でやり取りを始める」。
リアル業界のデジタルプラットフォームが次々登場していますね。
UberなどMaaS系が熱いですが、ラスクルやモノタロウなど日本独自のプラットフォームに注目しています。助太刀は建設業界という日本固有の商慣習と文化の中で飛びぬけた感があります。

プラットフォーム成功の秘訣は、一般論としては供給者のハードルを極限まで下げることだそうです。TikTokの動画投稿サポート機能がまさにそれ。助太刀は、職人が無料で簡単に登録でき、仲間を募れて、コミュニティも作れるところがキモだったのですね。多分次回に登場するコンビニATMで日当受け取りは目から鱗のサービスです。

建設では、建機・資材・工具のシェアリングが次にくるでしょう。実際「Jukies」 https://jukies.net/ というサービスが始まっているようです。コマツもシェアリングに備えて、建機稼働情報にアクセスするプラットフォーム「ランドログ」https://www.landlog.info/ を公開していますし。

建設分野もやっとデジタル化が始まりそうです。
私のいるフィリピンのセブ島は現在、建築ラッシュで職人が足りません。
日本と違うのは職種が細分化されていないというか、そもそもの職人がいないので、誰にでも、何でもさせています。
大工さんで募集しても、ペンキ屋さんで募集しても、水道工事で募集しても同じ人が応募に来るのです。
結局何もちゃんとできないのですが、募集はたくさんあります。
職人のマッチングのアプリは良いですね。
世界中で使えると思います。
先日G20農業大臣会合が閉幕した農業立国新潟では「収穫払い」というフィンテック?が昔から普及し全国に広がりました。サラリーマンのように毎月収入がある前提で翌月引き落としというキャッシュフローではないため、耕運機や肥料等の支払いを収穫期まで遅らせるというものです。

公共機関保有のオープンデータ解放の事例で昔から必ず出てきたアメリカのClimate Corporation は国立気象サービスが提供開始した地域ごとの細かなリアルタイム気象データと、農務省が提供開始した膨大な収穫実績データや土壌観察データで10兆通りもの気象シミュレーションで農家ごとの収穫高予測を行い天候非依存で年間を通じた収入保障を行うインシュアテックを提供していました(その後農薬会社のモンサントが高額買収)。

Uberはアメリカでは昔はドライバー集めのCMが盛んでした。タクシードライバーや他の不安定職種に比べどれだけ収入がよく、安定し、かつ自由時間もあるかを訴求していました。すでに300万人の雇用関係のないドライバーをネットワークで束ねています。現在はLyftとの間で獲得戦も激しくなりました。ドライバーはエアラインのマイルのように原則として両方にバランスよく対応するインセンティブがない仕組みになっているのでどちらか選びます。仕事引き受け実績に応じたランクで収入保障や保険などが受けられます。自身や家族の大学受講料も全額負担などもあります。今回の上場ではランクに応じて数千ドルのボーナスも出しました。(それでも現場で成り立つサービスなのに労働者から搾取しているブラック企業とストライキも起こります)

こちらの助太刀は働き手の方に出来高即日入金が実現しているようで素晴らしいと思います。さらにピンハネもなく透明でフェア。ぜひテクノロジーの力で収入保障や家族や自身の豊かさの支援などのくらし基盤のセーフティネットの存在となり、こうした現場の働き手が安定しかつ魅力的な仕事となる日が来ればと思います。
この連載について
ビジネスの話題に関する特別レポート